”秋の呉選会”が終わりました。

日本橋丸上の令和初最初の売出の”秋の呉選会”が無事終了いたしました。たくさんのお客様にご来場いただきありがとうございました。また、会期中を含め準備、撤収にもお手伝いいただきました仕入先様に感謝申し上げます。

今回強く感じたことは、日本橋丸上が目標とする”本物の呉服問屋”の機能はお客様にとっても、仕入先様にとってもお役に立てることを改めて確認できました。

時代がものすごいスピードで変化していますので、小売店様はお客様とのコミュニケーション、情報発信、自社のセンスを具現化する商品手配と展示など取り組まなければいけないことがたくさん増えてきています。一方生産の現場では人手不足が深刻になってきました。こんな時代だからこそ小売店様に対して仕入外注機能をそしてメーカー様に対して営業外注機能をしっかり提供し、業界の無理や無駄を改善していくことができる問屋を目指していく事で業界に貢献していきたいと思います。

 

まるに布

おはようございます。本日はいよいよ”秋の呉選会”最終日です。まだまだ素敵な商品がたくさんございます!皆様のご来場心よりお待ちしております!

さて、ご存知の方も多いかもしれませんが、日本橋丸上のロゴマークはまるに布です。これは創業者の上達次郎さんが最初に勤めた会社から暖簾分けしていただいたと聞いております。

今回はそのマークの入った襦袢を黒澤さんが作ってくれました!ただ、残念ながらお客様にはあまり意味がないもので、最後は僕が買うことになってるそうです。

最近はお客様ごとにオリジナル商品を作ることも多くなっていますが、事前に打ち合わせをするものです。こんな作り込みをされたのは初めてです(笑)!

この他にも個性的な襦袢が200柄も用意されています。皆様にも是非とも襦袢の売場をご覧いただきたいです!

新しい制服

おはようございます。本日は”秋の呉選会”3日目です。昨日までご来場いただいたお客様は気付かれたかもしれませんが、令和元年の今月から女性社員の制服を新しくしました。令和の時代の日本橋丸上は女性がより輝く会社にしていきます!

ちなみに今回の呉選会で僕が来ている着物は、新しい制服に色を合わせたコーディネートです。いかがでしょうか?

 

“問屋合同セミナー”開催しました!

昨日毎年恒例の東京問屋4社合同セミナーを開催しました。たくさんのお客様にお集まりいただきありがとうございました。今年の講師は呉服業界プロデューサーの石崎功さんです。

セミナーの内容は大きく2つで、前半は18歳成人五農校前式典の同行で、後半は今後の呉服小売店のあるべき姿についてでした。

前半の内容については、配布資料もございますので浅草台東館で開催中の”秋の呉選会”にお越しください。

後半については今後予測される消費動向の変化からに基づいて、今のうちにどんな手を打つべきかといった考察で、大変勉強になりました。
今後はネットを利用したマーケティングと新しいコミュニケーションツールを活用したエンドユーザーとのつながりがポイントになること、体験型店舗への変革の必要性を感じました。まだまだ出来ることがたくさんありますね!

今日は”秋の呉選会”2日目です。本日がお客様が一番多い予定です。失礼のないように社員一丸となって頑張ります!

“秋の呉選会”本日から開催です!

いよいよ本日から浅草台東館にて”秋の呉選会”開催しております。朝から多くのお客様にご来場いただいております。

見附には、人気のバーチャルフィッティングを飾りました。新しい試みとして、様々な種類の着物を着られるデータを作成しました。

是非ともご来場いただきまして、ご体験ください。

”秋の呉選会”本日準備です!

いよいよ明日から開催の”秋の呉選会”ですが、本日午後からの準備となります。本日中にしっかり準備完了いたしますので、明日の朝9時からご覧いただけます。多くのお客様のご来場をお待ちしております!

この会のために様々な準備をしてきましたが、いよいよ自分達の仕事の評価をされる時です。これまでの努力を信じて、頑張ってまいります!

 

令和元年 スタートダッシュします!

いよいよ令和元年がスタートしました!5月月初は東京で着物イベントが盛りだくさんです!

まず、明日から6日(月)まで、日本橋三井ホールで”東京キモノショー”が開催されます。今年は前売りチケットの売れ行きも好調だそうで、今年もたくさんの着物ファンが集まります。

また、5月6日(月)〜9日(木)で浅草台東館にて日本橋丸上最大の売出、”秋の呉選会”を開催いたします。こちらの準備もいよいよ佳境に入ってきました。日本橋丸上の精鋭商品部が足で稼いだ選りすぐりの商品が一堂に集まります!

また、5月6日(月)18時15分からは、浅草台東館8階第5会議室にて、6回目の東京問屋4社合同セミナーを開催いたします。今回の大きなテーマは18歳成人後の式典動向です。注目度も高いので例年以上のスピードで申込みいただいております。先着順になりますので、ご興味のある方は早めのご登録をおすすめいたします。

業界内で情報共有も進んでいませんが、浅草にご来場いただいた方にはもれなく、”2022年成人年齢変更に伴う成人式に関する全国最新情報まとめ資料”をお渡しいたします。昨日印刷しましたが、非常に内容の濃い資料が完成しております。

日本橋丸上は令和の時代にスタートダッシュをかけたいと思います。是非この機会に東京まで足をお運びください。

※なお”秋の呉選会”、”東京問屋4社合同セミナー”は業者向けの販売会およびセミナーになります。一般の方のご入場はお断りしておりますので、ご了承ください。

平成最後の日

いよいよ本日4月30日で平成という時代も終わります。世間では新元号に向けて様々な取り組みが行われていますが、日本橋丸上では女性社員の制服を新しくすることにしまして、本日制服授与式を開催します。なお、制服のデザインは実際に着る社員の意見を取り入れて選定しました。”令和”の時代もいつも明るい会社を心がけていきます。

お披露目は5月6日からの浅草台東館で開催される、「秋の呉選会」になります。この会の為に全社員が頑張ってきました。皆様のご来場をお待ちしております。

今月の出張が終わりました

毎年4月は5月の呉選会の勧誘で、全国の小売店様を訪問させていただいています。自分自身で動くと本当に気づきがたくさんあります。まさに「学びは移動距離に比例する」ですね!

様々な方とお会いし、お話させていただくことにより、いつも更新しているやりたい事リストを増やす事ができました!これからしっかり行動していきます!

今月感じたことは、やっぱりこれから新しい時代が来ますし、このタイミングで新しいことに取り組むことにより日本橋丸上がオンリーワンカンパニーになれる確信を持つ事ができました!訪問させていただいたお客様に感謝し、出来るだけ早くに恩返ししていけるよう頑張っていこうと思います!

昨日の帰りはEXカードのポイントを使ってグリーン車を使って贅沢しました!

 

強みを知る

昨日のブログで日々の積み重ねが大切だという記事を書きましたが、そのために最初にしなければいけないことは現状分析です。

僕がお客様と接していて、ものすごい”強み”があっても、すでに手に入れている能力なので、当の本人は当たり前のことだと認識してしまっていることも多いです。

例えば丸上では、”日本橋”という言葉を5年前から使うようにしました。でも、実はこの価値はお客様から教えていただいて気付くことができました。丸上の住所は日本橋久松町ですが、昔からこの場所で商売していたので当たり前だと思って、なんら価値を感じていませんでした。ただ、この頃からこれまでの商圏外の北陸や関西のお客様が増えはじめたころで、新しいお客様からみると、東京や日本橋に対してとても良い印象をお持ちでした。それに京都の同業者と差別化する為には、東京センスをアピールしていく必要があったので日本橋の価値に気づくことができました。

次の時代はお客様に自分達の価値を知ってもらう必要があります。その為にもまずは自社の強みの分析から始められることをおすすめします。また第三者からの客観的な意見も大切です。丸上には様々な情報がありますので、何かございましたらお気軽にご相談ください。