貧乏治療院と繁盛治療院

今日のブログは根岸靖さんが書かれた「貧乏治療院と繁盛治療院」という本を紹介します。

なぜ僕が着物と全く関係ない治療院の本を読んだかというと、この本の筆者の根岸さんと今年のシンガポール研修に一緒に行ったのがきっかけです。根岸さんとは同級生で、脱サラをされてから現在は複数店舗の治療院を運営されている優れた経営者です。

この本の冒頭には、「本書を手に取ってくださったあなたは、きっとすでに治療院経営に向けて一歩踏み出している方、もしくは志している方ではないでしょうか。」とありますが、僕は全然志していません(笑)!

ただ、内容には着物業界でも参考になる事がたくさん書かれていて勉強になりました。

お客様が本当に求めているものは何か?理念・技術・心の大切さ。自分の仕事にプライドを持つ事。価格に対する考え方。宣伝広告の大切さ。他業種からのノウハウの活用。などなどとても参考になりました。僕も色々インプットして、行動していきます。

ただ、知っている方の書かれている本を読んでいると、テレビドラマみたいに、その人の声が聞こえてくるのは僕だけでしょうか?なんか不思議な感覚です。