2020年09月 記事一覧

第118回博多織求評会

昨日は博多織工業組合と東京織物卸商業組合の会議があり、第118回博多織求評会の説明を受けました。新型コロナウイルスの問題で博多の産地も厳しい状況にあるそうですが、いち早く求評会の開催を決め、しっかり準備されておます。

まずは、行政を含め感染予防対策の徹底をされております。今年の一般公開については完全予約の入替制になるそうです。また、11月12日(木)の15時からYouTubeにてライブ配信も行うそうです。ウィズコロナの時代に適応した求評会のスタイルです。業界も一丸となって、この困難を乗り換えるべきです。

僕も東京筑紫会幹事長として参加します。ご興味のある小売店様は弊社担当までお問い合わせください。

第118回 博多織求評会
開催日時 : 令和2年11月11日(水)より15日(日)
会場 : 萬松山勅賜承天禅寺
1次審査 : 11月11日(水)〜11月13日(金)12時まで
2次審査 : 11月13日(金) 14時〜16時
一般公開 : 11月14日(土)、15日(日)

”着物手帳2021”発売中です!

毎年恒例の着物手帳の2021年版が発売されました。今年は型絵染の岡本隆志先生の作品がふんだんに使われています。

季節の衣替え、全国染織産地マップ、寸法早見表、着用記録、着物のTPO、着用時のマナーや注意事項、着用後のお手入れなど、着物情報が満載です。小売店様で活用されているケースも多いそうです。

詳細はこちらをご確認ください。

東京は秋らしくなりました!

暑さ寒さも彼岸までとはよく言ったもので、東京はここにきてめっきり秋らしくなってきました。単衣の着物がちょうどいい季節です。

着物は泉織物様の桐生絞り。帯は博多大倉織物様琥珀織。羽織は米沢のものです。

和文化研究会

昨日は有志で開催している和文化研究会で、山本哲志先生のお話を拝聴しました。テーマは「和文化は述語性」でした。僕がどこまで理解できたかはわかりませんが、日本の特長は、白か黒かといった二元論ではなく、矛盾したことを受け入れられる文化があることで、それを可能にしているのは、毎日使っている日本語だということでした。

少し理解が大変な部分もありましたが、とても勉強になりました。日本人として、もっと和文化の教養を高めいきたいと思います。

いま丸上に求められていること

今月は大躍進展の勧誘で、お客様を訪問し、市場動向を確認しております。少し安心したのは、コロナ禍でも前向きなお店が多いことでした。

また、日本橋丸上にお客様から求められていることは、”情熱”ではないかと感じました。丸上としては今後も熱量、折れない心、前向きさ、若さを前面に押し出していきたいと考えました。

丸上通信9月号

今月も丸上通信が完成しました!今回で72号ということで、もう丸6年続いてるんですね。第1号で10年続けますと宣言しましたが、このペースだと問題なく公約を果たせそうです。
さて、今月の内容は日本橋丸上結社70周年記念の大躍進展の開催についてです。コロナ禍で、開催について大変悩みました。ただ、浜松町館について調べると、新しい設備で感染予防対策がしっかりできることがわかり、予定通り開催することにしました。
また、ご来場いただけないお客様に対して、360゜バーチャルツアーも実施いたします。
残念ながらしばらくはコロナウイルスと共存する必要がありますので、日本橋丸上は新しい催事開催方法を模索していきたいと思います!

新アイテム

10月に開催する大躍進展ですが、ご来場いただけないお客様でもオンラインでご参加いただけるようにしました。その時の秘密兵器が、このマイク付きイヤホンです。これがあればお客様とのビデオ通話が売場でもできます。いろんな工夫をして、現状を乗り切っていきます。

「設立70周年 大躍進展」開催します!

この度日本橋丸上では、10月4日(日)~7日(水)の4日間、東京都立産業貿易センター 浜松町館5階にて「大躍進展」を開催いたします!

今回のテーマは”前を向く”です。新しい時代の展示会スタイルにて開催したいと思います。皆様のご来場をお待ちしております。

催事の概要はこちらをご覧ください。

 

きものファッション東京ポスターできました!

今年もきものファッション東京のポスターが完成しました!

今回は由里本景子さんの「婦人像」を使用しました。丸上にたくさんありますのでご希望のお客様はお気軽に弊社営業担当にお問い合わせください。

[由里本景子(ゆりもと けいこ) 1906年〜2000年]
京都市生まれ。家政高等学校を卒業後、上村松園に学び、その後、中村大三郎塾に入る。女性や子供などを主題に身近な生活の情景を描く。

金田朝政さんの動画をアップしました!

東京染小紋の伝統工芸士金田朝政さんの動画をアップしました!金田さんの仕事のこだわりや、これまでの歴史、技法をぎゅっと伝えられるよう編集してもらいました。

是非ご覧ください。また、日本橋丸上公式チャンネルへのご登録よろしくお願いいたします。