2019年11月 記事一覧

リ・コーディネートの可能性

本日は金曜日ということで、日本橋好みコーディネートページ更新しました。11月のテーマはリ・コーディネートの可能性です。

これまで付け下げに合わせた帯や小物を、日本橋好みのオリジナル地紋の色無地にあわせる提案です。ぜひご覧ください。

http://marujo.jp/nihonbashi/?p=623

インフルエンザ予防接種しました!

昨日はインフルエンザの予防接種を受けました。人生で初めて着物で注射しましたが、腕の部分に余裕があるので、ワイシャツの時よりも楽チンでした。先生が上手かったのでほとんど痛みはなかったです。

ちなみに、昨日の着物は割込みの大島紬アンサンブルです。きものの未来塾で社員の藍澤さんが解く勉強をして、その後洗い張りして仕立て直したものです。洗い張りをしたおかげで、着物がよりしなやかになりました!

スーパー歌舞伎Ⅱ オグリ行ってきました!

先日東京織物小売協同組合の観劇イベントで、「スーパー歌舞伎Ⅱ オグリ」を新橋演舞場で見てきました!

スーパー歌舞伎は初めて見ましたが、動きがスピーディーでダイナミックで、照明や音響、舞台演出にびっくりしました!ただそれ以上に主演の市川猿之助の迫力が凄かったです!

夫婦で観劇しましたが、たまにはこのような非日常を味わいたいです。

丸上通信11月号

今月も丸上通信完成しました!今回は10月から着物の着用頻度を増やしましたという内容とその理由についてです。これまでは何かある日に着物を着ていましたが、これからは逆に特別な理由がない日は着物を着るようにしていきます。

先日も着物で京都出張をしましたが、その時にもう引退された懐かしい仕入先の方から声をかけてもらえました。着物でなければ見過ごされていたかもしれません。タクシーも割引してもらったりとメリットも多いです!

 

七歳のお祝いをしました!

少し遅れてしまいましたが、娘の七五三の七歳のお祝いで、目黒大鳥神社にお参りをしてきました。

七五三の起源とされる室町時代には医学の未発達や貧しさから乳幼児が無事に成長することが難しかったことから、子供が無事に成長したことへの感謝の心とその後の長寿への切なる願いが今以上に込められていたそうです。

我が家では今回が最後の七五三となりましたが、人生の節目で家族が集い思い出を作ることはとてもいいことだと感じました。

娘が着物をとても喜んでくれたのが印象的でした。

トゥギャザーしました!

先日は日本橋丸上上達庵にて着物雑誌の撮影を行い、あのルー大柴さんにお越しいただきました。

ルー大柴さんは茶道をもう13年もされているそうで、とても和文化を勉強されているそうです。ただあまり堅苦しくすると、入りにくくなるので少し気楽に体験できるようにしたいとお話いただきました。雑誌掲載については少し先なので、後日ご紹介できればと思っています。

そういえば上達庵で今週だけでも2回書籍の撮影を行いました。レンタルスペースですので、このような活用もできますのでご興味がある方は日本橋丸上総務までお問い合わせください。

きもの未来塾6期が終了しました

昨日できもの未来塾の第6期の講義が終了しました。今週は月曜日に3周年特別講習も行ったので、受講生の方はお忙しいなかご参加いただきありがとうございました。

未来塾を始めてから、内容を改善し続けてきました。カリキュラムはより実践的で価値のあるものになってきていると思います。また、講師を務めてくださっている皆様も真剣に準備されて、何か一つでも持って帰ってもらえたらという気持ちが伝わってきました。何よりも高橋塾長の業界活性化のためには自分が持っているノウハウを全部伝えるという信念がすごいです。

着物業界の発展のためには、専門店の後継者育成は必須です。しかし、その場がないし、成功事例の共有が進んでいない。こんな問題を解決するのがきもの未来塾です。第7期の募集も始まりました。ご興味のある方はこちらをご覧ください。

博多求評会受賞作品

先週の金曜日に「第117回 博多織求評会」の最高賞である「内閣総理大臣賞」をはじめ、受賞作品が決まりました。詳細はこちらをご確認ください。

今年は初めて審査員として参加いたしました。人形師の中村信喬先生が審査委員長を務めてくださり、審査を進めてもらいました。日本工芸会の理事をなさっているだけあって、ただ票数だけで審査しては平均的なものが評価されてしまい、本当にいいものが選ばれないという考えのもと、約1時間半かけてじっくり審査を行いました。このような経験は初めてでしたので、とても勉強になり上記3点が選出されました。

今回の博多出張で一番勉強になったのは博多織デベロップメントカレッジ設立のいきさつを知れたことでした。博多織デベロップメントカレッジは13年前に設立され、職人の後継者育成の成功事例です。ただ設立は簡単なものではなかったそうです。「博多の伝統産業を残すんだ!」という寺嶋代表理事強い信念のもと、地元の有力企業に何度も何度もお願いに回ったそうです。そして、ある企業の社長がその必要性を認め、多くの企業が応援してくれて設立資金ができ、現在に至っているそうです。また、カリキュラムについても設立当初は全くノウハウがなかったのですが、地元の協力を得て少しずつ作られたという話も聞きました。

僕たちはどうしても時代や世間のせいにして甘んじて現状を受け入れてしまっていることが多くあります。昨日ブログに掲載した泉二社長も何度も話していましたが、「どうすればできるか考える。」「信念を持ってお願いしてみる。」この二つを未来のためにもう少し頑張っていこうと思います。

もとじ社長の講演最高でした!

昨日はきものの未来塾3周年特別講習として、銀座もとじの泉二社長にとても素晴らしい講演をしていただきました。

創業者のファイティングスピリットが体感できる素晴らしい内容でした。「アイデアと行動力と実行力と継続力」が大切なのは分かっているつもりでしたが、そのベースとなる情熱と人間力をもっと磨かないとと思いました。

やっぱり目の前でことを成した方の話を聞けてすごく勉強になりましたし、今自分が抱えている問題や課題がいかにちっぽけかと感じることもできました。今日からもっともっと頑張っていこうと思います。

泉二社長どうもありがとうございました!

いよいよ本日未来塾特別講習です!

何度か告知して参りましたが、本日13時からきものの未来塾3周年特別講習を開催いたします。

内容は二部構成になっておりまして、前半は「きものの未来塾の前と後」というタイトルでパネルディスカッションを行います。そして後半には銀座もとじの泉二社長にご講演いただきます。

僕を含めた後継者は孤独で悩んでしまっている部分も多いと思います。そんななか行動を変えて行くためには仲間と出会い、参考にし合うことも大切です。また、業界を少しずつでも変えていくには、チームを組んでみんなで前に押していかないといけないこともあります。

当日席もございますので、急遽参加されたい方はお問い合わせください。