2019年08月 記事一覧

フォーエバー21が破産申請を準備

米カジュアル衣料のフォーエバー21は破産法の適用申請を準備しているという報道を見ました。10年前に日本に進出し、オープン時は最先端のファストファッションとして話題になりましたが、時代の流れは速いものです。

着物のライバルをアパレルと見るべきかという議論もありますが、衣服という意味では同じカテゴリーになります。アパレル業界はIT活用により急速に変化しています。フォーエバー21の記事でも「インターネット通販の台頭で店頭販売が苦戦」と書かれていました。もしかすると今後はショッピングセンターのビジネスモデルでさえ安泰ではないかもしれません。

大きな流れは大量生産・大量消費、低価格化ですが、それにCtoCやDtoCが生まれ拡大してきています。

この時代の中で着物業界としてどのような価値を生み、伝えていくかを真剣に考えなければいけません。着物の場合は少量多品種生産です。シルクに高度な手仕事であれだけの加工ができ、かつ非常に繊細な美意識を持っているのは日本人だけではないでしょうか。この価値をエンドユーザーに対してどのように知ってもらえるのかを考え行動していくことが急務になります。また、ものとしての価値以上に、着物を通じてどのような体験や感動を提供できるかという視点が大切です。

別館の改装工事が順調に進んでいます!

先月の中旬から始まった、別館4階の改装工事が順調に進んでいます。日本橋丸上が本社にて10月月初に開催する最大の売出しの”大躍進展”がお披露目となります。

入って正面は畳になりますが、左側には板の間を作ります。これは写真撮影など多用途で活用できることを想定しています。(下の写真のあたりが板の間です。)

ここまでスケジュール通りに進んでいて、今から完成が楽しみです!

 

〈edel〉オリジナル振袖サイトできました!

この度日本橋丸上のサイト上に、オリジナル振袖ブランドedel(エーデル)のサイトを作りました。

edelはモデルに華さんと、関口さくらさんを起用して、ギャル系の振袖を提案しています。一生に一度きりの成人式だから、誰よりも目立ちたい方向けのデザインです。

ちなみにお二人のInstagramのフォロワー数を合わせると35万人を超えています。Instagramで紹介していただくと、サイトへのアクセスがすごかったです。1000回以上コツコツブログを投稿してる僕も、インフルエンサーには全く歯が立たないことを実感して、少し落ち込みました。

サイトの特徴はトップページで、モデル、色、販売価格を選ぶ時にアニメーションが発生することです。下記バナーをクリックするとサイトに移動します。ぜひご覧ください。

結城に行ってきました!

昨日はお手伝いしているきものの未来塾課外研修で結城に行ってきました。湯通し、糸紡ぎ、糸括り、地機による織、叩き染など見学してから、歴史的な資料や昔の結城紬、また新作の展示などかなり濃密な勉強をしました。

今まで何度も結城には行きましたが、結城の技術の最高峰である160亀甲ベタの絣括りを見られたのには感動しました。

新作の展示では、新しい結城ちぢみと本場結城の角帯を自分用に購入しました。産地の技術を少しでも継続できるようにするためには、着物業界の人間が率先して購入して、着ていかないとと思います。

その後未来塾一期生のお客様のお店を見学して、懇親会を開催しました。このような活動を通じて、業界全体のレベルアップとチームワークの構築に貢献したいです。

丸上通信8月号

丸上通信8月号が完成しました。今月は想定していたよりも早く完成させる必要があったので少し焦りました。。

内容は先月実施した新入社員向けの群馬研修についてです。企業継続の為には社員の採用と育成がとても大切ですが、僕が毎年取組んでいる事を紹介してみました。

今話題の働き方改革ですが、中小企業では対応が難しいという意見もあります。ただ、対応できない企業は新しい人材の力を活用できないという事なので、長期的に見ると存続できないということにつながるのではないでしょうか?

44歳になりました!

今日は僕の誕生日で、44歳になりました。この1年を振り返ると、久々に海外に行ったり、新しい出会いや取組も多くとても刺激的な期間だったと思います。

一方でもう一度基本を徹底して、安定したベースを作る大切さにも気付かされました。具体的には社内コミュニケーションの充実と社員一同のレベルアップを第一優先事項にして、じっくり取り組んでいくことを実施していきます。

今が人生で一番の働き盛りだと思いますので、今年は今まで以上にストレッチゾーンに身を置いて、成長していきます。皆様のご指導何卒よろしくお願いいたします。

”日本橋好みコーディネート”開始してから1年が経ちました

昨年の8月から開始した、”日本橋好みコーディネート”のサイトがオープンしてから1年が経ちました。すでに50以上のコーディネートを提案しております。また、日本橋好み公式Instagramのフォロワーももうすぐ3000人を超えそうです。

日本橋好みサイト

日本橋好み公式Instagram

日本橋丸上は東京最大の呉服問屋として、全国各地の選りすぐった着物や帯を集めています。この強みを冷静に分析した時に、きものならではのコーディネートの楽しみを一番実践できるのは丸上なのではないかと思いつき、このサイトのオープンに至りました。監修には人気のスタイリストの吉澤暁子先生に入っていただき、小物を含めたコーディネート提案をさせていただいております。

このサイトを通じて、きものファンの方の、「どんなコーディネートが素敵なんだろう?」「この着物にはどんな帯が合わせやすいんだろう?」「今持っている着物の雰囲気を変えることはできないかな?」といったお悩みにもお役に立てていると思います。

1年経過してみて感じてことは、時間は戻ってこないということと、継続力の大切さです。この行動を通じて良かったことは下記の3点です。

①サイトを通じて多くのエンドユーザーの方に商品やコーディネートをご覧いただくことができる環境を作ることができた。また、小売店様へのお客様紹介も実現できました。

②社内で写真撮影や投稿を実施しているので、そのノウハウを積むことができた。自慢ですが、最近の撮影技術や画像加工技術はかなり上がってきました!これらは全て丸上の若手女性スタッフが取り組んでくれました。感謝です!

③これまでの努力が資産として残っています。現在Instagramで人気の高かった投稿をまとめたブックを作成中です。これもこれまでの活動があったからこそ思いついたことです。

逆に行動を起こしていなければ、このような成果も得られなかったということです。着物業界でwebやブログ、SNSの活用について様々な考えがありますが、僕の経験からすると、すぐに結果が出ることはまずありえないです。ただ、時間をかけて改善を進めていけば徐々に結果は出ますし、仮に出なかったとしても何がまずかったのかに気づくことができます。

ブランディングにしても、社員の採用や教育にしても同じだと思います。厳しい時代だからこそ、将来に繋がること、未来への投資を実践し続けなければ企業の衰退は免れません。

林修先生じゃないですが、”いつやるか?今でしょ!”の気持ちを持ち続けたいと思います。

 

新幹線さくらに乗りました!

先日の岡山・広島出張の際に新幹線さくらに乗りました!東日本出身の僕としては、初めて山陽・九州新幹線への乗車でした。普通車の指定席に乗りましたが、2列+2列でグリーン車のような配列なんですね。短い時間の乗車ですが、ゆっくり移動できました!

「学びは移動距離に比例する」といいますが、感度を良くして積極的に様々な経験を積んでいきたいと思います。

岡山・広島出張

昨日まで、岡山県と広島県に出張してきました。丸上の営業範囲もだいぶ広がりました。このところ小売店様のご紹介などが多く、本当にありがたいことだと感じております。

日曜日にはお客様の”夏きもの会”というパーティーで乾杯の挨拶をさせていただきました。こちらのお客様は、ほぼ毎月趣向を変えてきものを着るイベントをされているそうです。その継続的な努力の結果、イベントはいつも満席です。お客様も本当にパーティーを楽しまれていました。
やっぱり着物は着てみないと、その良さは伝わらないですし、お客様も着物も喜ばないですね。

ただ、毎月となると社員さんも大変だと感じて、そのようなお話をしたところその社長様が
「うちのスタッフは本当に良く働いてくれる。すごいんですよ。」
と社員さんをさらっと褒められて、こういう関係性ってかっこいいなぁと関心いたしました。

今回の出張でも、まだまだやれるいことはたくさんあることが実感できました!

本日より”荷開市”開催です。

日本橋丸上では本日より、”荷開市”を開催いたします。長い夏休みを終えまして、いよいよ営業開始です!ONとOFFの切り替えをしっかりして頑張っていきます。

今年は消費税増税などもあり、9月はかなり忙しくなりそうです。毎年お盆明けから年末まであっという間に終わってしまいますので、1日1日を大切にして行動していきます。