2019年06月 記事一覧

上期営業最終日です。

本日は第五土曜日ということで、日本橋丸上は15時まで営業しております。丸上は12月決算ということもあり、今日で今年の半分が終わってしまいます。いつものことながら本当に早いです。

今年の上期は海外出張などもあり、例年になく僕自身のインプットは出来ましたが、まだまだアウトプットが効率的にできてません。下期はより社員一丸となってもっと多くのことを取り組んでいきたいと思います。

先日の丸上通信にも書きましたが、来月の中旬からは別館4階の改装工事も始まります。まだまだ打てる手はたくさんありますので、少しずつですが前に進んでいきます。

ブログ1000投稿目です!

この投稿で僕がブログを始めてちょうど1000投稿目になります!2015年5月から約4年間、丸上の営業日は1日も休まず更新してきました!”継続は力なり”だと信じています。今日はなぜブログを続けているかについて書いてみます。

①お客様や仕入先様とのタッチポイントを作る

情報量が爆発的に増加した現在、より大切になるのは人と人との繋がりです。そのためには自分がどんなことを考えているのか、どんなことをしているのかを知ってくれている人が多いことも重要になって来てます。僕の考えや丸上の方針を理解いただいて、一緒に行動できる方が増えることは素晴らしいことだと考えています。

②社員に伝える

もちろん社内向けにも情報を伝えていくことができます。それと常々長期的視点の大切さを伝えていますが、社長自身がそこに向けて継続的な行動をしていることを示してきたつもりです。おかげで昨年から開始したInstagramはみんなの力で休まず運用してもらって効果が出てきました。

③観察力を身に付ける

実は毎日更新するのはかなり大変ですが、一番の課題はネタ不足です。ですので、常にいろんな物事に関心を持つことができるようになりました。令和の時代はAIではできない観察力や想像力を持つことがとても大切になってきます。

④多くの方に知ってもらう(SEO対策)

GoogleのSEOの基準でも更新頻度というのがとても大切になってきました。もちろんSEO対策としてブログを更新しているところもありますが、それ以上にどんなことをするとアクセスが変わるのかなど、継続したからわかることがたくさんあります。また、ブログをやっていたおかげで、今まで想像もしなかった出会いやビジネスがいくつも生まれています。そういえばドラマ「陸王」の撮影なんかもホームページからでした。

⑤親孝行

最後は親孝行です。僕は家ではほとんど話さないタイプでしたし、結婚してからもほとんど親には何も報告しなかったので、ちゃんとやってるか心配をかけてたはずです。毎日前向きに仕事に取り組んでいることを少しでも伝えられればいいかと思ってブログを書いてます。父は2年前に他界しましたが、毎日楽しみにしてくれていました。ですので、これが最後の親孝行だったと思ってます。

ネットでいくらでも情報が発信できるようになったので、僕は小売店様こそ情報発信を継続してやるべきだと考えていますし、結果が出ているお店もいくつも知っています。そんな中なぜ自分から始めたかというと、「やってもない人の意見には価値がない。」と思ったからです。

着物業界の最大の弱点は情報発信かもしれません。いいものを用意して待っていれば、お客様が来てくれる時代は終わりました。今こそ、長期的視点に基づき情報発信を進めていくべきだと思います。丸上ももう一歩前に進むためにホームページのリニューアルなどを検討しています。ちなみにこれまで培ったノウハウは聞いていただければ全てお伝えいたしますので、お気軽にご相談ください。

四十肩

今週のはじめから左肩が上がらなくなりました。四十肩のようです!ちょっと前までは信じられないことですが、現実のものとなってしまいました。何かいい解決方法をご存知の方は教えてください!

ネットで調べるとこんなセルフチェックページもありましたが、やっぱり四十肩の可能性が高そうです。

https://www.kobayashi.co.jp/brand/shijirakku/check/

全てのことは健康な身体からなりたっていますので、十分ケアをしていきます。

未来塾で講師をつとめることになりました

2019年7月16・17日(火・水)と11月19・20日(火・水)に開催されるきものの未来塾で講師をつとめることになりました。

僕も早いものでこの業界に入って15年です。多くの小売店様を訪問させていただいた経験や、全国の産地をまわってきたこと。また、後継者としての苦労や、どういった方針で社長の仕事をしているのかなど参加者の方に役にたつ話ができればと考えています。

また、問屋という立場だと業界内の情報が一番集まる場所だと思うので、その立場から今後どういった未来が来るのかという深い話もいれていきたいと思ってます。

この他にもかなり魅力的な講師陣が揃って、非常に内容の濃い研修会になると思います。まだお席に余裕があるので、ご興味がある方は弊社営業までお問い合わせください。

また、お試しのコースである半日のオープン講座も7月1日(月)に開催いたしますので、こちらについても募集中です。

詳細は下記リンクをご確認ください。

http://kimononomirai.org/

 

第35回七夕ゆかたまつり

「7月7日はゆかたの日」にちなみ、本年も7月5日(金)にきものシティ東京実行委員会の主催で、”七夕ゆかたまつり”が開催されます。

当イベントはゆかたを着てご参加いただくと、抽選会に参加でき、「人気アミューズメントペアパスポート」や「日本橋老舗のお食事券」「キャラクターグッズ」などバラエティに富んだ商品をご用意する予定です。

詳細は組合のホームページよりご確認ください。

https://www.tafs.or.jp/posts/6366653?categoryIds=1829516

皆様のご参加をお待ちしております。

カップヌードルミュージアム

週末に横浜にあるカップヌードルミュージアムに行ってきました。このミュージアムは日清食品が運営していて、チキンラーメンやカップヌードルを作った安藤百福さんの功績も紹介されていました。

当時の日本人が1杯のラーメンを食べるために並ぶ長い行列を見て、”お湯があれば家庭ですぐ食べられるラーメン” を作ろうと決意して研究されたのがチキンラーメンだったそうです。そして、チキンラーメンを世界に売り出そうとして、文化の違いを取り入れて製作したのがカップヌードルでした。いまでは宇宙食にもなったインスタントラーメンですが、これらの展示を拝見すると安藤さんのアイデアと行動力がなければ、誕生していなかったのかもしれません。

子供たちが一番喜んだのは、マイカップヌードルファクトリーというアトラクションで、世界にひとつしかないオリジナルのカップヌードルを作ることができます。僕はカレー味のもの作り、デザインには日本橋丸上のマークをいれてみました。今度食べるのが楽しみです。

また、カップヌードルで得たお金で、このような立派な施設を作って多くの人を日清のファンにさせるところなんかも勉強になりました。

https://www.cupnoodles-museum.jp/ja/yokohama/

 

Instagram活用方法

日本橋丸上の公式Instagram「日本橋好み」のフォロワーも2200人を超えました。今日のブログではこのInstagramの活用方法について書いてみます。

(小売店様向け)

日本橋丸上のカタログとして使えます。下記のリンクから是非フォローしてください。

https://www.instagram.com/nihonbashigonomi/

日本橋好みに掲載した商品は、全て商品管理番号を控えてあります。気になる商品などございましたら弊社営業担当までお問い合わせいただければ実物をご覧いただけます。また、販売済みの可能性もございますが、商品やメーカーの特定ができますので同等の商品をご提案いたします。消費者の方からの問い合わせがあった場合もご相談ください。

(エンドユーザー向け)

弊社は直接の小売販売をしておりません。商品のご購入は、全国の呉服店様にお願いしております。もし気になる商品がございましたら、お住まいの最寄りの呉服店様にご相談下さいませ。お取扱い店が分からない場合はご遠慮なく、直接メッセージ、メール、お電話等でお問合せ下さいませ。ご紹介、お取り次ぎさせて頂きます。

さて、本日も金曜日ということで、吉澤先生のコーディネートを更新いたしました。

http://marujo.jp/nihonbashi/?p=359

PHOTO NEXT 2019に行ってきました!

昨日はパシフィコ横浜で開催されていた、写真業界の一大イベントであるPHOTO NEXT 2019に行ってきました。

初めてでしたし、知識も少ないので理解しきれなかったところもありますが、写真業界はこの20年のデジタル化の波で大きく、早く変化していることを肌で感じることができました。この変化の中で、消費者の価値観にどう寄り添えるのかが成否のポイントだと思います。

呉服業界もいろいろ変わってきていますが、異業種の取り組みも参考にしていきます。また、日本橋丸上としても新しい取り組みを考えます。

丸上通信6月号完成しました!

今月も丸上通信が完成しました!今月号は夏に実施する別館4階の改装について書きました。”小売店様の実店舗の機能がお客様の集まる場所になりつつあるのに、問屋はこのままでいいのか?”と考え全面改装することにしました。

主な使い方は産地の方の東京販売会や、小売店様の日本橋売出。またもちろん丸上としても売出会場として使います。この他にお茶ができたり、写真撮影ができたりと多目的スペースを作ります。また、将来的には現在想定していないこともできるのではと期待しております!

ところが、大問題発生です。工事を発表したら工事期間中商品ストックをする場所が足りないと商品部からクレームがつきました。そこで、7月の売出は別館改装の為の在庫一掃セールとしました。助けてください(笑)!ここで商品をお安く提供して、在庫を減らそうと思います。皆様のご来場をお待ちしております。

モニター壊れました!

昨年購入してずっと使っていたバーチャルフィッティング用の43インチのモニターが壊れました!表面はなんともないのですが、中で液晶が割れてしまったようです。

今週末も使用予定があるので、すぐに同型を買い直しましたが、昨年よりさらに安くなっていて3万円ちょっとでした。僕が結婚した2002年に勢いで当時出たてのプラズマディスプレイを購入しましたが、約70万円したことを考えるとすごい価格破壊です。バーチャルフィッティングが普及した理由の一つはモニターのコストが抑えられていることもあります。ショッピングセンターなどで注意して見ると、かなりサイネージとして使用されています。店頭活性化でいろんな使い方はできると思います。

ただ、この価格破壊を考えるとニュースになっているジャパンディスプレイが苦戦している理由も少し分かります。