2018年08月 記事一覧

来週から”初秋の市”を開催します。

早いもので、今日で8月も最終日。東京は厳しい残暑が続いていますが、いよいよ秋の商戦が始まりますね!

9月3日(月)と9月4日(火)に初秋の市を開催いたします。ここでは丸上のオリジナル袋帯提案の”ORIJIN”を発表いたします。

昨日展示ができましたので、少しご覧ください。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

また、日本橋好み公式InstagramでもORIJINの商品を掲載しております。こちらもチェック、フォローお願いいたします。

https://www.instagram.com/nihonbashigonomi/

同じ帯でも、着物を変えるとイメージがガラッと変わります。

提案ブックもございます。

ブックデータを使ってサイネージも設定しました。秋バージョンということで紅葉を使いました。バーチャルフィッティングの技術を用いて、カメラの前で手を動かすと紅葉が舞い上がります。楽しんでみてください。

 

新潟研修二日目

昨日の新潟研修二日目は小千谷の産地を回りました。

まずは、小千谷ちぢみを製作している機屋さんへ。小千谷ちぢみはだいぶ需要と供給のバランスが合ってきたようです。小売店さんから商品要望なども出て、将来的にはオリジナルの発注なんかも面白いのではないかと感じました。

続いて高三さんのくるまや工房にいきました。高三さんは柿泥染や松煙染で有名です。柿渋で糸を染めていました。すごい量ですね。

小千谷の絣は木羽定規を使った技術が有名です。蔵にはこんなにたくさんの木羽定規が保管されていました。機屋さんの力を感じます。

高三さんが媒染の実験をしてくれました。右の容器は水道水。左の容器は工房で取れる地下水です。それぞれに柿渋を入れると、こんなに色の違いが出ます。秘密はここの地下水は鉄分がすごく多いので、それが媒染剤の役割を果たすそうです。ここに行かなければ見られない実験でした。

せっかく行ったので、自分用の着物を購入しました。産地に行って、学んで、買って、着る。これが一番知識が定着します。

最後に産地問屋さんを訪問しました。江戸時代の麻の織物を見せていただきました。ものすごい糸の細さと、軽さでした。

あたらめて、産地で学ぶこと、機屋さんと小売店さんをつなぐことの大切さを認識しました。お世話になった皆様、どうもありがとうございました。

 

 

未来塾新潟研修

昨日からきもの未来塾課外授業で、十日町、小千谷を訪問しています。
僕も初めて十日町の加工屋さんを見学させていただきました。

二日間ですが、見て感じて学ぶ研修で、非常に密度の濃い時間を過ごしています。
今日も頑張ります!


異業種との交流

先日ある方にご紹介いただいて、関東の写真館組合の集まりに参加させていただきました。初めての機会でしたが、やっぱり異業種の方と交流するのは刺激になります。

異業種の考え方は素直に面白い部分が多いですし、逆に着物業界の考え方に対しても敬意をはらってもらえました。何れにしても視野を広げて、様々な視点で物事を考え、行動していくことが大切な時代になってくると感じました。

これからもいろんな業種の方々と関わっていきたいと思います。

丸上通信8月号

少し遅くなりましたが、丸上通信の8月号が完成しました。今回のテーマはアメフトの悪質タックル問題についてです。

関東学生アメリカンフットボール連盟の決断は、結果として今回の一番の被害者だった日大の現役選手たちをもう一度被害者にする結果になってしまいました。

様々な事情があると思いますが、アメフト好きの若者に機会を提供することを最優先にして欲しいと願っています。

今回の丸上通信がこれまでで、一番着物に関連が薄い内容となってしまいましたが、どうしてもアメフトのことになると熱くなってしまいます。

それと今月号から”日本橋好み”コーディネートのポストカードを入れていくことにしました。ポストカードは多少の余裕がございますので、追加で欲しいというお客様がいらっしゃいましたら、弊社営業までお声がけください。

サイトの方は毎週新しいコーディネートを提案していきます。こちらのご確認もよろしくお願いいたします。

http://marujo.jp/nihonbashi/

43歳になりました!

昨日誕生日を迎え、43歳になりました。多くの方からお祝いのメッセージを頂戴いたしまして、ありがとうございました!それぞれ返信をしておりますが、色々なツールからメッセージをいただいておりまして、万一失礼があった場合はお詫び申し上げます。

さて、40代は働き盛りでこのところ想像もしていなかった新しい取り組みが始まりつつあります。そして仕事に関してはラッキーなことも続いています。きっと今はそういう時期だと思うので、調子に乗ってどんどん前に進んでいきます!

この1年間も皆様のご指導、ご協力よろしくお願いいたします。

 

 

逗子市が「20歳を祝う成人の集い」の開催を決定

成人年齢を18歳に引き下げる民法が可決し、今後の成人式の開催方法の検討が始まりましたが、神奈川県の逗子市がこれまで通り「20歳を祝う成人の集い」を開催することを発表しました。

http://www.city.zushi.kanagawa.jp/syokan/seisyonen/seijinshiki-1.html

全国に先駆けての発表となりました。対象者の困惑を招かないように素早い対応は素晴らしいですね。

関係した方にうかがうと、受験シーズン真っ只中の18歳1月に式典を開催することは、対象となる市民からクレームが発生する可能性が大きいと判断されたようです。

また、開催を18歳にする場合3学年の成人式を同じタイミングで開催することは行政側の対応も過大になるという心配もあったかもしれません。

いずれにしても20歳の成人式は70年以上日本で行われている伝統です。意地になって18歳で開催するより、これまで通り継続した方が対象者、行政、関連業者全員のメリットにつながるのではないでしょうか?

日本橋好みコーディネート提案

日本橋丸上の強みについて考えました。それはやっぱり東京で一番豊富な商品を取り揃えている事です。たくさんの商品の中からコーディネートを行い、視覚的に多くの提案をしていきたいと思い、下記のページを製作しました。

http://marujo.jp/nihonbashi/

スタイリストの吉澤暁子先生に監修していただき、旬の商品のコーディネート提案を今後毎週していきます。

あわせて日本丸上のInstagramも始めます。是非こちらもフォローいただきたいです。

https://www.instagram.com/nihonbashigonomi/

夏休み

今年の夏休みは子供部屋の工事などもあったので、遠出せずに都内で過ごしました。やっぱり夏休みが子供と多くの時間を一緒に過ごすので、一番子供の成長を感じますね。

体もどんどん大きくなりますが、それ以上にそれぞれの個性の違いを感じられました。

面白かったのはよく行くイタリアンレストランで開催してくれたピザ焼き体験です。

子供たちがエプロンと三角巾をして、一生懸命ピザ生地をこねて料理しました。釜で本格的に焼くのはさすがにお店の人でしたが、間近でピザを焼くのを初めて見ることができました。ピザを焼くのってすごく暑くて大変なんですね!

いつも調理されたものだけを見ていましたが、レストランの裏側も見せてもらって、子供達にはいい経験になったと思います。

大人はたくさん作ってくれた、ピザを美味しくいただけ大満足でした。

よく行くレストランですが、お店の方がとても親切で家族ぐるみでファンになりました。

子供達が作ったピザです。具がたっぷりです。

ピザ用の釜で、焼いてもらいました。すごく暑かったです。

夏期休暇終了しました

昨日で丸上の夏期休暇が終了し、本日から営業開始です!丸上は夏期休暇は長めに取りますが、実はこれから年末にかけて忙しい日々が続きます。

9月からはお客様の展示会が多くなりますし、10月は後半最大催事の大躍進展を開催します。11月は来期組織の検討が始まり、あれよあれよと12月の本決算を迎えます。

また、今年の後半はいくつか新しい取組も考えていますので、より忙しくなりますね。時間と身体を大切にして、楽しんで頑張ろうと思います。