2018年07月 記事一覧

7月最終日

早いもので今日で7月も最終日です。浴衣をあまり扱わない丸上では7月は少しのんびりする月なのですが、今年の7月はとても忙しかったです。

振り返るとこんなことをしていました。

・バーチャルフィッティングのデモ実施や導入に向けての撮影やトリミングの立会い。

・新卒採用の合同説明会参加や面接。

・新入社員の桐生・前橋研修同行。

・お客様新築パーティー参加。

・9月5日のきものサミット打合せ。

・新規のお客様にご来店いただき、その後に訪問しての丸上紹介プレゼン。

・新規プロジェクト発足のためのコンセプト検討やweb関連の打合せ。

・オリジナル袋帯ブックの製作。

・人生初の人間ドック受診。

こう考えると、毎日違うことやってますし、去年なかった仕事がたくさん生まれています。そりゃ忙しいくなりますね。ただ、最近感じるのは関係なさそうなことでもいろいろな経験を積んでおくと点が線になり、線が面になることが結構あるということです。

来月もバリバリいきたいと思います!

7年間

先日同世代経営者交流会のS70’sの7周年イベントに参加してきました。

このグループの目的はズバリ、”刺激”を与え合う事です。ここで問われた質問は「この7年間でどう変わったか?」です。

7年前というとちょうど東日本大震災が起こった年で非常に苦労したのを思い出しました。そして翌年に社長に就任して、ここまでいろんな取組をしてきたつもりです。でも、もっと早いスピードで結果を出している人もたくさんいる事を目の当たりにしました。なかなか満足できないですね。

それともう一つ思ったのは、来月43歳になるのであと7年経つと40代が終わります。そんなに時間もないことも実感しました。

人生は時間でできています。どんな時も楽しく、充実した時間にしたいと思います。そのためにももう少しペースを上げて頑張っていこうと思いました。”刺激を受ける”って大切ですね!

777回目の投稿です!

2015年5月28日にブログを始めてから、今回が777回目の投稿になります。縁起がいいです!ちなみに丸上の営業日は毎日1回ずつ1日も休まず投稿しています。気づくともう3年以上続けていました。

このブログを続けることが答えかはわかりませんが、僕の知っている成果をあげている会社やお店には必ず継続力があります。

最近思うのは、商売は温泉掘りみたいなものだと思います。

ここを掘り続ければ、あと1mで温泉が出るかもしれないし、1km掘っても方向が間違っていて、何も出ないかもしれません。

でも、

まずは信じて続けること。

そして間違ったと思ったらやり方を変えてみること。

が大切だと思います。ちなみに何もしなければ、何も起こりません。

ブログネタがなくて、たまたま投稿回数に気づいて今日も更新できました。今後も継続していきます!

 

 

新しいプロジェクト

昨日は日帰り京都出張でした。噂通りの熱い1日でした!今回の目的は新しいプロジェクトを進めるためです。

正式発表は少し先ですが、日本橋丸上として今まで以上にスタイリングの提案をしていきたいと思っています。

丸上の特長は東京で一番豊富な商品を常に在庫していることですが、別の見方をすると、これらの商品を活かせば無限のスタイリングが提案できます。ただ、多くの方に興味を持っていただくためには、これまでの延長線上だけではなく、新しいエッセンスも必要です。

そんななか、新しい出会いや、様々な皆様のご協力もあり一歩前に進めそうです。

新しいことを始めるのは、怖さもありますが、僕の場合楽しさが先行します。頑張って多くの方のお役に立てるよう取り組んでいきます!

働き方改革?

日本橋丸上でスマホを導入してから1年以上経過しました。最近感じるのは電話することがすごく減った事です。
電話だと、相手の状況によっては迷惑をかける事になりますが、LINEなどを使うと思い立った時にメッセージを送っておけば、先方の都合のいい時に返事がもらえます。それに履歴も残ります。
昨日は人間ドックを受けながらも仕事がすごく捗ったので、働き方が変わっているのを実感しました。

僕はいろんなデバイスを使うので、履歴がしっかり残るFacebookのメッセンジャーが便利かなと思いますが、それぞれ長短ありますね。

着物の仕事は、やっぱり直接お会いすることが大切です。だからこそ様々なツールを活用し効率化・最適化を進めて、人にしか出来ない事に集中する働き方改革を進めていきたいと思います。

人間ドック

今日は人生で初めて人間ドックに行ってきます。健康保険組合の健康診断は毎年受けていますが、より精密に検査してみます。

もうすぐ43歳になりますが、家庭と仕事の責任も大きくなってきました。良い成果を出すためには、ベースとなる健康な身体が必要ですが、どうしても後回しにしがちです。より活発に行動できるよう、しっかりチェックしてきます!

バーチャルフィッティングデータ作成

6月から丸上で販売を始めましたバーチャルフィッティングですが、先日本格導入が決まりました!そして先週は使用するデータの撮影及び加工のガイドに行ってきました。

バーチャルフィッテイングマシンの特長はデータ作成と登録がとても簡単なことです。

振袖を20枚以上撮影しましたが、撮影だけの時間を考えると2時間程度です。(トルソーに着付けをしてくれる、とても優秀なスタッフのおかげです。感謝いたします。)データーのトリミングもPhotoshopの経験者の方がいると、あっという間でした。

データ作成と登録が簡単ということは、アイデアを反映しやすいので、いろいろな用途での活用が可能ということです。

バーチャルフィッティングマシンのオススメのお店はこんな感じでしょうか?

①オリジナル商品の扱いがあるお店。(オリジナル商品の試着が簡単にできます。)

②写真スタジオがあるお店。(データ作成が容易です。)

③複数店舗の展開をされているお店。(データの複製利用が可能です。)

まだまだ、これからいろいろな展開が見込まれると思います。ご興味のある方はお問い合わせください。

役割分担

最近お客様や仕入先様と話していて感じることは、まさにこれから業界内で大きな変化が起こるということです。

まず間違いなく起こるのは人材不足だと思います。人材不足が予測されるのであれば、これまでの常識を超えて、業界内の効率化と最適化をどんどん進める必要があります。そしてそれぞれの企業が役割分担を決めて、”この仕事は僕に任せて!”とわかりやすく伝えるべき時代が来ます。

着物のような少量多品種の商材の場合、絶対に効率的な流通が必要です。これからは、業界の役に立ちつつ、日本橋丸上にしかできない仕事が増えてくると思います。時代の流れを読みながら入念な準備を行い、しっかりと役割を果たしていきます。

丸上通信7月号

今月も丸上通信の7月号が完成しました。

今回のテーマは6月13日に成人年齢を変更する改正民法が参議院本会議で可決成立したので、このテーマを避けるわけにはいきませんでした。

いよいよこれからの業界の動きが大切になりますね。

桐生研修

今日のブログは先日の新入社員研修について書きたいと思います。

まず最初に行ったのは、「織物参考館・紫(ゆかり)」です。ここでは織物、特に織機の歴史が見られます。現在も結城などで使われている地機から、大島紬などで使われている高機、西陣などで使われているジャカードなどが歴史の流れを学びながら見学できます。

八丁撚糸機です。

歴史の古い地機(じばた)です。現在でも結城や越後で使用されています。

高機(たかはた)です。地機と比較して早く平織りができます。

それと天然の藍染体験もできます。

新人二人にはハンカチを染めてもらいました。

その後、桐生で商品を製作されている泉織物様に訪問しました。

先染の糸を染めている現場です。とても蒸し暑いです。

泉社長から直々に糸についての説明を受けています。

ゆかりでもあった八丁撚糸機です。稼働する回数は少ないですが、現役の機械です。

実際の織工場です。ガシャガシャと騒音があります。

そして実際に出来上がった商品を勉強させてもらいました。新人も熱心に質問をしていました。

この後に写真はございませんが、群馬県の某大型専門店様を訪問させていただき経営方針や実際に小売店様が行なっている仕事について勉強させていただきました。

朝からメーカー様と小売店様を訪問でき、流通の立場として非常に濃密な一日を過ごせました。夜は焼肉をガッツリ食べ交流をしました。今後の新人の成長に期待したいと思います。