2018年05月 記事一覧

京都売出準備できました!

本日より丸池藤井様の2階をお借りして、日本橋丸上2回目の売出を開催いたします。先程無事に準備完了いたしました!

昨日は商品で勝負!みたいなブログを書きましたが、今日は京都売出のお土産を紹介して、少しでも足を運んでもらおうという作戦です(笑)。

今回のお土産は日本橋人形町にある明治17年(1884年)創業の老舗和菓子店 壽堂(ことぶきどう)の黄金芋(こがねいも)です。

見た目は黄金の焼き芋ですが、実はサツマイモは一切使われていないそうです。シナモンをまぶした香の快いとりわけ女性に人気の焼菓子です。関西ではなかなか手に入らないお菓子だと思います。

皆様のご来場をおまちしております。

明日から京都売出です!

いよいよ明日から、京都売出です!商品を厳選しまして、準備万端です。

今回の京都売出も、日本橋丸上はいつも通りメーカーの持ち込みは一切なしで、自分たちの足で稼いで、目で選んだ商品で勝負いたします!

百聞は一見に如かずです。是非この機会に日本橋丸上の取組みをご覧いただけますようお願いいたします。

テレビ東京のワールドビジネスサテライトでも取り上げられたバーチャルフィッティングマシンも登場いたします!皆様のご来場をお待ちしております。

日本橋丸上in京都

■とき

5月31日(木)13:00~17:30

6月1日(金)~2日(土)9:00~17:30

6月4日(月)9:00~16:00

■ところ

丸池藤井2階  展示会場

 

Google Wifi買いました

自宅で使っている無線LANの親機の電波がイマイチだったのと、子供達がYoutubeを見まくる問題を解決するために、GoogleWifiを買ってみました。

この機械はメッシュWifiという技術を使って、3台の機械が連携して、家のすみずみまで電波を届けてくれます。1台でもかなりパワーがある感じがします。

それと、端末毎にネットワーク接続を遮断したり、スケジュールで管理できるので、子供達のインターネットのやりすぎを規制できて便利です。

先日日本でも発売されましたが、アメリカのAmazon.comで買った方が1万円くらい安いのでそちらで購入しました。欠点は商品の到着までに約一週間かかるのと、万一の故障の時が心配ですが、今のところ問題なく使えています。

会社にも、もう一つネットワークが欲しいと思っているので、この機械もありかなと考えています。

山陽地方への出張

先週は5月31日から開催される、日本橋丸上の京都売出の勧誘と挨拶で、初めて山陽地方に出張してきました。

新しい出会いもあり、大変勉強になりました。やっぱり元気なお店は、前向きに新しい取り組みをされていました。

このところ丸上では新規のお客様との取引が増えていますが、そのなかでも小売店様からご紹介いただくケースが増えております。また、飛び込み営業の場合でも、すでに丸上の事を何らかの形で知っていて、短期間で取引になる事も増えてます。業界がかなり狭くなっていますので、日頃の評判が大事ですね。

そう考えると、新規獲得の取り組みも大切ですが、実は目の前のお客様にご満足いただくことが長期的な発展に繋がるのではないでしょうか?今こそ焦らず、着々と会社の内容を良くしていく時期ですね。

家族へのお土産はきびだんごにしました!

 

〈大島紬〉テーチギ染

またもや懐かしい写真が出てきました!約10年前に紬の仕入れ担当になって、すぐに奄美大島に行った時の写真で、泥染の前のテーチギ染体験をしています。

大島紬は泥染のイメージが強いですが、泥染をする前にテーチギ染を20回ほど行います。そのあとに泥田で染めると、テーチギから出たのタンニンと泥の鉄分が酸化して、真っ黒に染め上がります。通常はこの工程を4セットくらい行うそうで、均一に染め上げるには職人さんの技術が必要です。

でも、写真を見るとこの頃は髪が真っ黒。最近白髪が増えたので、少し泥染してみますか?

丸上はキャリア採用も行なっています

日本橋丸上は、新卒採用のイメージが強いかもしれませんが、キャリア採用の門戸は常に開いています。

実際に着物関係の会社や飲食店からの転職実績もあり、現在も大変活躍してもらっています。

また、このところお客様が増えてきていますので、今年は積極的に採用していきたいとも思っています。

東京で着物の仕事がしたい。新しい環境でチャレンジしたい。そんな方はこちらからお問い合わせください。

 

 

きものの未来塾オープン講座開催のお知らせ

5月29日(火)にきものの未来塾のオープン講座が開催されます。

きものの未来塾は一般社団法人きものの未来協議会が主催する、呉服小売店様の後継者を対象とした学びの場です。内容は、仕立てや悉皆が中心で、ユーザー視点での学習が可能です。

オープン講座は、本コース(第5期は7月と10月に予定)受講前のお試しの位置づけです。これまで4期の卒業生を排出し、非常に好評を得ている講座です。また、小売店様同士の横のつながりもできますし、卒業生、受講生を対象とした着物産地見学会なども定期的に行なっております。

ご興味のある方はこちらに詳細が掲載してありますので、是非ご覧ください。

日時:2018年5月29日(火)13:00〜16:30

開催場所:日本橋人形町 スタジオアレコレ

受講料:¥3,000-(税込)

募集人数:20名様(満員になり次第締め切ります)

アメフトの問題について

このところマスコミでアメフトの悪質タックルの問題が報道されていて、多くの方から意見を聞かれます。今日は個人的な見解を書いてみます。

僕は学生時代、今回問題を起こしてしまった学生さんと同じDLというポジションをしていました。DLの花形といえば、QBサックです。OLのパスプロテクションをかいくぐり、パスを投げる前のQBに思いっきりタックルしたくて練習したものでした。もちろんこれはルールの範囲内でです。QBはルールで守られているので、パスを投げてからヒットすると15ヤードの罰退です。

15ヤードの罰退はかなり大きいです。ちなみにアメフトはチーム同士の力が均衡している場合は、反則の回数が勝敗に大きく影響するスポーツです。

で、今回の映像を見ましたが、問題の選手はQBがパスを投げ終わっていることは100%わかっています。その上で、完全に力の抜けているQBに思いっきりタックルしています。しかも、最後の段階でもう一段低くタックルしているので、意図的に膝を狙っているように見えます。膝を壊して選手生命が絶たれた方は何人もいます。

多くの報道であるように許されないプレーであることは確かです。QBの受けた衝撃は、普通に街中歩いてたら、後ろからすごいスピードでタックルされたのと同じで、生命の危機にもつながりかねません。今回はたまたま後遺症もなく練習に復帰できているのは不幸中の幸いでした。

じゃあ、これがチームの指示だったのかというとなんとも言えませんが、無駄な反則は勝敗を左右するんです。あのプレーではパスが失敗していますので、単純に反則をしない方が日大は得なはずです。でも、あのような無駄な反則をしても誰もチーム内から叱責がないとすれば、そのような悪質なプレーを容認する風土があったと断定されます。

で、ここから考えなければいけないのは、なんの為の学生スポーツかということです。やっぱり大きな目的は、”勝利を目指す努力を通しての教育”だと思います。僕も長年アメフトをできたおかげで、本当にいろんなことを学びました。勝利の喜び、敗北の悔しさ、努力の仕方、チームの作り方、努力しても努力しても届かない結果があることなどなど。

果たして問題のチーム第一目的はなんだったのでしょうか?そこが大きくずれている印象です。

それと、あのプレーを目の前で見た審判はやっぱり一発退場にしなければいけなかったと思います。まぁ、あんなひどいプレーは見たことないので何が起こったか理解できなかったのかもしれませんが。。やっぱり健全な教育にはそれをチェックする機能が必要だと思いました。

監督の指示の有無について報道されていますが、監督が指示を認めればチームぐるみで反則を行なったということになります。その場合は、秋の公式戦などどのようになるかわかりません。擁護するわけではないですが、これまで血のにじむような努力してきた学生さんもたくさんいるわけで、学生時代の貴重な時間をこのような指導者の元で奪われたのであれば、本当にかわいそうです。

指導者としてそこまでを予測しての行動だったのでしょうか?指導者やリーダーはそのような重い役割を担っていることを認識して、全てに責任をもち行動しなければなりません。

もし、指示のもと悪質なタックルをしたのであれば、DLも被害者です。このネット時代の誹謗中傷はとても厳しいものだと思います。本日会見を行うそうですが、過ちを反省した上でどうにかもう一度立ち上がって頑張って欲しいです。

丸上通信5月号できました

今月も丸上通信の5月号ができました。今回のテーマは”採用”です。

日本橋丸上は今年も新入社員を採用して、20代、30代の社員が増えてきました。10年前までは定着率もあまりよくなかったですが、ここ数年はだいぶ改善しました。採用について工夫していることを書いてみましたので、是非ご覧ください。

pdf版の送付も行なっておりますので、ご興味のある方はこちらからお問い合わせください。

バーチャルフィッティング導入しました

日本橋丸上では、着物バーチャルフィッティング装置を導入しました。先日テレビ東京のワールドビジネスサテライトで紹介された例の機械です。

導入した理由は、着物初心者の方に着姿をイメージいただくのにとても有用なシステムだと感じたからです。当システム導入により下記のメリットが見込めます。

①お客様が1秒で着物試着を実現。

②直感的な操作が可能なので、お客様だけでも利用可能。

③お客様の接客時間の短縮。

④オリジナル商品の具体的提案。

⑤お客様の入店促進ツールとして活用。

⑥DMやPR活動に利用し、認知度アップ。

⑦インスタなどSNS投稿を促し、情報発信・拡散。

⑧お子様などを飽きさせない面白機能も搭載。

是非丸上にお越しいただきまして、試してみてください。また、5月31日からの京都売出でも紹介いたします。

現在呉服業界にも様々な問題がありますが、僕は”働き方改革”にも取り組む必要があると思います。その為には先進的な技術の導入も必要です。

小売店様においては、どうしてもお客様が重なってしまうピーク対応対策がありますが、予測できないピークの為に必要な人材を常に用意するのは効率的ではありません。そんな時にこの装置があると、お客様がご自身で、気楽に、楽しく着物選びができます。

これから丸上でこの装置を販売していきます。機能や活用方法などについてお気軽にお問い合わせくださいね!