2018年04月 記事一覧

くるまや工房の角帯買いました!

小千谷のくるまや工房(高三織物)の角帯を書いました。

実は、これで一本の角帯です。締めると紺と水色、黒とグレーで貝の口で結ぶことになるので、ツートンカラーで結び目ができます。

高三さんご自身が、こういった角帯が欲しいということで考案したそうです。

5月6日(日)からの”秋の呉選会”で締めてみようと思っています。

初任給

昨日は給料日ということで、新入社員に初任給を渡しました。

ちょうど20年前に僕も初任給をいただき、父親にボールペン、母親にペンダントを贈ったことを思い出しました。

特に僕は学生時代ほとんどバイトもせずに、アメフトに専念させてもらったので親にはかなり負担をかけたと思います。こういった節目でちゃんと感謝伝えたいものですね。

お節介かもしれませんが、新入社員の二人にもこれまでお世話になった方にお礼をするように話しました。

人生初グランクラス

先週は東北地方に出張に行きました。日曜日に帰ってきたのですが、その日は仙台であの羽生結弦選手の祝賀パレードが開催されたおかげで、新幹線の指定席が全然取れません。それで、唯一空いていたグランクラスに初めて乗ることにしました!

グランクラスのシートです。とても大きく、包み込まれるような座り心地で、電動でリクライニングできます。席につくとアテンダントの方があったかいおしぼりを持ってきてくれます。

グリーン車と違うのは、軽食や飲み物がつくところです。なんとビール、日本酒、ワイン、ウィスキーなどが飲み放題です。

ついつい飲みすぎて、ぐっすり寝てしまい、あっという間に東京まで帰ってこれました。

価格は高いですが、たまには贅沢するのもいいものですね。

イズムの継承

今月は浅草の台東館で開催される”秋の呉選会”の勧誘などで、お客様への訪問をさせていただいています。そんな中で感じたのは、企業が継続するためには”イズムの継承”が大切だという事です。

”誠心誠意”を合言葉として、派手ではないけれどお客様に役立つ仕事をコツコツ継続し続ける。いつも真面目にお客様との約束を守り責任を果たす。これが日本橋丸上のイズムです。

創業者上達次郎によりこのイズムは創られましたが、このイズムを継承するのは、人であり社風だと思います。僕は後継者としては、このイズムをしっかり守り、繋いでいく仕組みや方法を実践していきたいと思います。

大塚さん、NHKデビューです

先日のブログで書かさせていただきました、ぐみょうじ車屋様が紹介されたNHK「小さな旅」はご覧になりましたでしょうか?

約10分間大岡川の桜で染めた着物の紹介がされました。その中で一瞬ですが、丸上の大塚さんが登場しています。

この放送でもあったように、最近は小売店様と一緒にものづくりをする事が増えてきました。染めに関してはかなり経験豊富なので、相談がございましたらお気軽にお問い合わせください。

再放送もあるそうなので、見逃した方はチェックお願いいたします!

http://www4.nhk.or.jp/kotabi/

お客様がNHK“小さな旅”で紹介されます

2018年4月22日(日)午前8時放送のNHK“小さな旅”で丸上のお得意先の、ぐみょうじ車屋様が紹介されます。

http://kurumaya.tv/news/nhk-chiisanatabi

今から放送が楽しみです!
この桜染めは、スタートした時に当時商品部だった僕が実際に携わった仕事ですので、自分のことのように嬉しいです!
また、今回の撮影では弊社商品部の大塚もお手伝いしましたので、後ろ姿くらいは登場するかもしれません!

数年前に若旦那が帰ってきて、地道に継続した発信でこのような取材を受けたのだと思います。良い商品や素晴らしいサービスを提供していても、知られないと存在しないのといっしょになってしまいます。やっぱり“継続は力なり”ですね!

〈見附の着物〉田村哲彦作 経絽訪問着

今日の丸上の見附の着物は田村哲彦作の訪問着です。

季節先取りということで夏物です。とても涼しげな色合いで、珍しい経絽の生地に染めてあります。

田村哲彦さんは、昭和16年新潟県に生まれ、染色専門学校を卒業後、加賀友禅の修行に入ります。そして昭和49年には、独立して工房を設立されました。

激辛ロシアンたこ焼き

先日都内のお客様訪問のあとに行きました、居酒屋に恐ろしいメニューがありました。”激辛ロシアンたこ焼き”です。

1個ずつ注文できますが、普通と激辛の数を選べます。例えば8個中2個激辛という感じです。

いつもついてる僕ですが、ついている結果激辛が当たりました!デスソースたっぷりの、シャレにならない辛さを経験させていただきました。

東京は藤の季節です

おはようございます。今朝の通勤途中で立ち寄った不動公園の藤棚の様子です。とてもきれいに藤が咲いています。

東京もよく見ると自然がまだまだあるものです。

目黒川の桜は終わり、すっかり新緑の季節です。

偶然というものは、この世に存在しない

「偶然というものは、この世に存在しない」

先日読んでいた本に書いてあったフレーズです。

一つひとつの出来事は偶然のようだが、大きな視点で見ると「決まっていたのかもしれない」と感じることがある。

という文章もありました。

最近生活していると、確かに自分の人生はいい意味で色々決まっているのかもしれないと感じることが多くなってきました。今の生活は本当に偶然の積み重ねでできていますが、確かに必然のような感じもします。

僕は結構運がいいので、この流れに乗って楽しんでいきたいと思いました。