2018年02月 記事一覧

2月最終日

こないだ年が開けたと思っていたら、あっという間に今日で2月も最終日です。早いですね!今月も様々なことがあり、とても刺激的な月になりました!

まず、お客様や社員など大勢の方の前で発表する機会が多かったです。これからは経営者として自分の人柄や考えている事を知っていただくことが大切な時代になってくると思うのでとても勉強になりました。ただ、人に気持ちを伝えるのは非常に難しいですね。話がうまくなるコツは、「同じ話を何度もすること。」「大勢の前で話すこと。」だそうです。

それと社外のセミナーにも積極的に参加しました。やはり現状に満足せず、向学心を持ち続けることが大切だと考えています。

社長の仕事は、「会社の文化・雰囲気を作ること。」「アイデアをたくさん出して行動すること。」という言葉に刺激を受けました。僕にはまだまだ会社を良くするためのアイデアがたくさんありますので、これからもっとスピード感を持って実行していきたいと思いました。

2月最終日も楽しんで仕事頑張ります!

HDD買いました

会社のパソコンのバックアップ用にポータブルのHDDを買いました。1TBの容量でAmazonで約6000円でした。安いですね!

もう20年前になりますが、僕が社会人になって初めて自分一人で販売した商品は、大型のHDDでした。もちろん耐障害性などは別格ですが、今回買ったものの半分以下の容量420GBでウン千万円でした。当時はパソコンのHDDが4GBくらいだったと思います(メモリじゃないですよ!)。

こういうのを見ると変化のスピードに驚きます。

システムの環境はどんどん変化しています。丸上としては、より人間の力が発揮できるような仕組みを導入していくことが大事だと考えています。

消費の変化

少し前の記事ですが、ネット通販大手3社(アマゾンジャパン、楽天、ヤフー)の売上高合計が全国百貨店の売上を抜いたそうです。

以前お客様から教えてもらった言葉に、「小売は立地産業でもある。」というものがあります。

その昔は城下町や門前町が流行り、やがて駅前の商店街、ターミナル駅のデパートへ移り、今は大きい駐車場をもつショッピングセンターに人が流れていると思います。それに加え、単にモノを買うのであればネットで十分という考え方も普及してきました。

一方着物に関していえば、やはり着物を楽しみたいという方とのフェイストゥフェイスのコミュニケーションが大切だと思います。

大きな流れは変えられませんが、時代の流れを読み、自社だから提供できる価値を突き詰めていくことが大切になってきたのではないでしょうか?

 

 

 

結城紬「糸取り」育成のニュース

先日、結城に訪問した際に聞いた「糸取り」育成のニュースが茨城新聞に出たようです。本当はもっとメディアに取り上げてもらえるといいのですが。

http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15191366842771

これから着物の生産が非常に厳しくなってくると思われますが、各産地でアイデアを出し行動しています。業界人としてはこういった事実を知ったうえで、何をすべきかを考え、自分の役割を果たすことが大事だと思います。

また、産地に少しでも貢献するために、自分たちで着物を購入し、着るということも大切だと思います。産地が大変だと話していても、それは他人事ではないのです。

巻王東京大会は福和商事の奥田さんが優勝

昨日田源さんのビルで開催された巻王東京大会は、福和商事の奥田晃史さんが見事優勝されました。

日本橋丸上からは、藍澤さんが見事準優勝しました。吉野さんは残念ながら一回戦で優勝した奥田さんと対戦し、敗退してしまいました。応援いただいた皆様、ありがとうございました。

田源の田中社長と京都織物卸組合の精鋭の皆様の運営のおかげで、想像以上に盛り上がりました!

準優勝した藍澤さんは、3月14日に京都で開催される全国大会への出場権を獲得しました。ただ、今回のタイムでは全国レベルではたたかえませんので、これから特訓をしてもらいます。

全国大会での活躍を期待します。

スターターをつとめられた東京着物の女王と丸上軍団の集合写真です。

 

“巻王”東京大会本日開催です!

噂の反物巻銀河系No.1決定戦”巻王”の東京大会がいよいよ本日開催されます。

今日のブログは日本橋丸上からの二人目の刺客を紹介します。エントリーされるのは丸上のハイパーバトルサイボーグこと吉野剛史さんです。この日のためにとてもハードなトレイルランで山道を数十km走るトレーニングを続けてきました。現在は関西地区のお客様も多く、一年間の移動距離は丸上一かもしれないタフガイです。

誰にも負けない体力と不屈の精神力で狙うは優勝です!皆様の応援よろしくお願いいたします。

《イベント情報》

とき :平成30年2月21日(水)18時

ところ:株式会社田源2階特別会場(日本橋堀留町2−3−8)

内容 :反物の巻の速さと美しさを競い、堀留のNo.1を決定します。

”巻王”東京大会 明日開催です!

いよいよ明日18時より、あの反物巻の最速最美を競う話題のイベント”巻王(まきおう)”の東京大会が開催されます。

日本橋丸上としては必勝を期して、二人の優秀な選手をエントリーしました。今日はそのうちの一人、藍澤慶太さんを紹介します。

藍澤さんは入社5年目の中堅選手です。ベテラン勢の参加が予測される東京大会で最年少の参加になるかもしれません。新日本プロレス的にいうと、ヤングライオンの一人ですね。持ち前のガッツと若さで優勝目指して頑張ってもらいたいです。

なお、当日は会場にて観戦・応援もできます。ぜひこの機会に堀留までお越しください!

《イベント情報》

とき :平成30年2月21日(水)18時

ところ:株式会社田源2階特別会場(日本橋堀留町2−3−8)

内容 :反物の巻の速さと美しさを競い、堀留のNo.1を決定します。

白い宝石

先日お客様からビックリするものをいただきました!
「白い宝石」という真っ白ないちごです!

ついつい色に目が行ってしましますが、いちごとしてすごく立派な大きさですし、形も素晴らしいです。そして何より甘くて美味しかったです。

聞くところによりますと、このいちごを生産しているのは佐賀県唐津市の一件の農園だけだそうです。よっぽど手間ひまがかかるんだと思います。でも、どこもマネできない独自性を持つことの素晴らしさを教えていただいたように感じました。

どうもありがとうございました!

《見附の着物》京友禅の訪問着と手織の唐織袋帯

今日のブログは見附の着物です。

京都で別誂えしていただきました訪問着です。深い地色で柄が引き立ちます。

帯は手織の唐織袋帯です。やっぱり手のこんでいる商品は力がありますね。

丸上通信2月号ができました

今月も丸上通信2月号と3月の”やよい展”の案内状が完成しました。

今回の通信のテーマは糸価の高騰です。緩やかなインフレは経済にいい影響が出るようですが、和装業界には厳しい逆風になっています。一番心配なのはこの影響でメーカーさんの生産意欲が減ってしまうことです。どうにかこの状況を乗りきっていきたいと思います。