2017年10月 記事一覧

ミックス担々麺

先日水天宮の方で用事があったので、IBM時代の同期にT-catの中にある、龍鳳というお店でランチをおごってもらいました。このお店は以前のブログでも紹介しております。(http://marujo.jp/president/?p=1026

ここは海老担々麺が有名で、それをいつも食べていたのですが、今回はなんと新メニューの”挽き肉と海老のミックス担々麺”をいただきました。同期の話ですと、このミックス担々麺はこれまで裏メニューとして存在していて、それが表に出て来たそうです!こんな美味しいものを隠していたとは!

東京は昨日からだいぶ寒くなっています。寒い時期に辛くて熱い担々麺は最高ですね。

陸王でいきなり放送されました

先日ブログにアップしましたが、昨日15日放送の『陸王』で丸上で撮影された映像が放映されました!今日のブログはその裏話を少し書いてみました。開始わずか1分で登場して、こちらも驚きました!面白い経験でした。いまならTverという民法公式テレビポータルでご覧いただけます。是非チェックしてください!

https://tver.jp/

撮影裏話①:内場さんには丸上の意地(?)で黄八丈(組合1点、山下さん2点)持ってもらってます。

撮影裏話②:バックヤードの裏の撮影では、丸上オリジナル手ぬぐい(紺)とオリジナル袋帯ブック織承が写ってます。阪神のメガホンは大阪の問屋の設定で持ち込まれました。

撮影裏話③:最後の撮影協力のところは、うまいこと真ん中に丸上のロゴが写りました。本当に一瞬でした。

「陸王」いよいよ10月15日(日)放送です

おはようございます。先日日本橋丸上にて撮影を行いました、TBSドラマ『陸王』がいよいよ15日(日)夜の9時から放送されます。丸上のシーンはおそらく30秒程度で一瞬ですが、普段一般の方は入れない呉服問屋の売場がご覧いただけます。今から放送が楽しみです!カットされていないことを祈ります!

 

 

 

京都日帰り出張

おはようございます。昨日は京都日帰り出張でした。

9月から京都は日帰り出張3回目です。本当は2泊くらいして、産地をゆっくり回りたいところですが、スケジュールがつまっていてなかなかうまくいかないものです。まあ、東海道新幹線がとても便利なので、移動が苦にならないことも理由のひとつかもしれません。

丸上で今度発表するオリジナル小紋の製作現場を見てきました。一点一点丁寧に染色をしてもらっていました。昨日訪問した染場には若い後継者がいて、こういったところに安定して仕事を出すことも問屋の大切な仕事だと思いました。

人気店の共通点

先日プレジデント社の七緒編集長の鈴木さんの講演を聞く機会がありました。そこで、「着物好きの答えは一つではない」というお話をされていました。例えばライフスタイルとしての着物が好きな人がいたり、ファッションとしての着物が好きな人がいたり、和の様式としての着物が好きな人がいたりと、同じ着物好きでも多様化しているみたいです。

その中で現在お客様が多く訪れているお店の共通点としては

①何に強いかが明確 (アイテム・サービス・テイスト)

②店主の顔が見える (着こなし・アドバイス・センス)

③提案力がある (コーディネイト)

④価値観を共有できる (人・商品・空間)

などがあるそうです。勉強になりました。

お客様の声

昨日は長野のお客様で開催された、東西交流染織ショーに参加してきました。このイベントはエンドユーザーであるお客様の着物に関する思い出や業界に対するリクエストを、直接問屋やメーカーのトップが聞くという初めての試みでした。

皆様の素晴らしい着物姿を拝見でき、コーディネイトの勉強になりました。そして参加された方それぞれが着物に対してしっかりした思い出があることを知る事ができました。

着物を通じての家族のつながりだったり、着物でしかできない体験だったり、美術的な価値を理解して着物をお召しになる話を聞き、やっぱりお客様にとって着物はただの衣服ではない、特別な存在だということを認識しました。

そして、このような商品を扱える仕事ができる喜びとともに、この文化を将来につなげる責任を感じました。

僕も着物で参加しました。今月、来月は着物を着る機会が多くなりそうです。

博多求評会

おはようございます。昨日は博多織工業組合と東京織物卸商業組合とで会議を開催し、今年も開催される博多求評会の案内を受け、それぞれの立場での情報交換を行いました。

博多織の今年の生産は若干でありますが、昨年を上回っているそうです。他産地と比較すると素晴らしいことですね。これも12年前に開設した、生産者の後継者育成を目的とした博多デベロップメントカレッジの成果が出て来ているのかもしれません。たしかに紋八寸など面白い商品が多くなっている感じがしています。

状況が厳しくなると、短期的な結果を追い求めがちですが、長期的視点に立って歯を食いしばって頑張ることも必要ですね。

今年の博多織求評会は、審査を11月9日(木)に行い、一般公開を11月10日(金)〜12日(日)に勅賜承天禅寺で行います。また、この週はメーカー各社が新作発表の販売会を開始します。小売店様でご興味のある方は弊社営業担当にご相談ください。

TBSドラマ『陸王』の撮影に協力しました

ビッグニュースです!10月15日からスタートするTBSドラマ『陸王』の撮影に日本橋丸上が協力しました!

『陸王』は半沢直樹などで有名な池井戸潤さん原作のドラマで、足袋メーカーがランニングシューズを開発するストーリーです。

丸上は大阪の呉服問屋の設定で登場します。わずか30秒ほどのシーンですが、下見を2回したうえで昨日の撮影となりました。撮影は3階の売場と4階のバックヤードで行われました。

撮影を見学して感心したのは、そのわずかなシーンでも絶対に手を抜かないプロ意識です。このシーンの為だけに約60名のスタッフが来ていました。

演技をされたのは吉本新喜劇の内場勝則さんでした。やっぱり声の迫力が違いますね!

https://profile.yoshimoto.co.jp/talent/detail?id=874

今回のシーンは10月15日の第一回放送で使われるそうです。是非ご覧下さい。

http://www.tbs.co.jp/rikuou_tbs/

今回撮影場所に選んでいただいたのも、このブログをスタッフの方が見てくれた事と、豊富な商品を持っていたからです。やっぱり継続は力です!

とても有名な福沢監督と写真を撮りました。

内場勝則さんと総務の伊藤さんです

大躍進展最終日

おはようございます。約1週間の長期で開催してまいりました大躍進展もいよいよ本日が最終日です。たくさんのお客様にご来店頂きまして大変ありがとうございます。こういった会期中にお客様と会話をさせていただくと、次の行動のヒントがたくさんいただけます。

今回感じた事は、やっぱり”楽しさ”が大切ということです。現代では着物はなくても生活していくことは可能になりました。だからこそ着物を通じた楽しさ、喜び、満足感をテーマに商売していこうと思います。

今日も笑顔のある売場を作って頑張ります!

幻の大島紬

おはようございます!今日も元気に”大躍進展”を開催しています!

今日は僕が売場で見つけた、大変珍しい大島紬を紹介します。

大島紬のつなぎ糸です。織りながら定期的に横糸の絣糸を交換して、様々な柄を表現しています。小千谷などでもこの織りような技法はありますが、この商品がすごいのは、なんと縦横絣なんです!実は大島紬の一番大変な作業は経糸を作り、整経することなんです。紬の仕入をしていましたが、このような商品には初めて出会いました。製造方法を想像することはできますが、果たしてそれが正しいかわからないような幻の大島紬ですね。

機屋さんは、あのホンジャマカの恵さんの実家で、NHKのファミリーヒストリーでも紹介された恵織物様です。正直このような商品はもう二度と作る事ができないと思います。こんな珍しい商品も用意しておりますので、是非ご来店ください。