2015年12月 記事一覧

仕事納め

日本橋丸上は本日で年内の営業を終了いたします。今年1年間多くのお客様と仕入先様にお世話になりました。

今年1年を振返りますと、正直数字的には厳しい年でした。でも、未来に向けての準備を着々とできた年でもあります。12月は社員の頑張りがあり、久々に”大入り”が出ました!終わり良ければ全て良しですかね?まあ、来期に繋がる結果だと思います。

今日は大掃除をして、新しい年に備えます。

年始は5日より”初春の市”を開催いたします。この売出は社員が着物でお客様をお迎えする予定です。僕も今から何を着るか考えています。

年始の売出で社員が着物を着る事は、僕が社長になってから始めました。やはり着る人の気持ちになるということは、とても大切だと思います。本当はもっとやりたいところですが、まずは出来るところから始めてます。

お時間があれば、是非遊びに来ていただきたいです!

写真は準備中の見附です。

P_20151228_112827

P_20151228_113525

【社員紹介8】粂さん

本日の社員紹介は粂勝芳さんです。粂さんは残念ながら今年いっぱいで退職されます。昭和38年に入社され、52年間丸上の為に働いていただきました。

お客様の信用も厚く、退職にあたり以前担当していたお客様からお祝いのお手紙をいただいていました。

僕が入社したときから、面倒見よく色々教えていただきました。僕が社長になったときは、「これで3代に仕えることができた!」と喜んでくれたことを良く覚えています。

今の丸上があるのは、粂さんをはじめ先輩達の努力のおかげで、本当にお客様、仕入先様に恵まれていると思います。これからもちゃんとした商売を続けていきたいと思います。

P_20151225_110219

ゼタバイトって?

今朝の日経新聞を読んでいたら、面白い記事が出ていました。これからは、パソコンだけでなく自動車、家電、産業機器、公共インフラなど様々なモノに埋め込まれたセンサーがインターネットにつながって情報収集する時代になるそうです。

そして、年間に生成される情報量は東京オリンピックが開催される2020年には、2013年の約10倍の44ゼタバイトまで増えるそうです。ちなみにゼタバイトは1兆の10億倍というからとてつもない単位です。(ペタ、エクサまでは聞いた事がありましたが、その上です!)

ちなみに以前聞いた話では、現時点で毎日全世界で作られる情報量は、20世紀までに作られたあらゆる情報量に匹敵するそうです。

こんな話を聞いてるとわけが分からないですね。そしてこの集まった「ビッグデータ」をAIで解析して新しい価値を生み出すそうです。

うーん、でもこれってまさに大企業が世の中を牛耳る仕組みのように思えてしまいます。

呉服業界や中小企業では、コンピューターで考えられない感性を提案できるようにしないといけないですね。

それと情報の洪水に巻き込まれるので、だれの情報が正しいかが大切な時代になるはずです。そうなると、やっぱり日頃の行いを通した人間関係を築くことが重要になるのでは?

このような時代だからこそ、逆行することも大切かもしれません。

あっ、もちろんデータ分析も大切ですよ!

P_20151224_080738

 

冷凍食品とさわやか

先日自宅で、冷凍スパゲティの”青の洞窟PREMIUM 3種魚介のペスカトーレ”を食べました。普段は冷凍食品はほとんど食べないのですが、初めて食べてみて凄くおいしい!冷凍食品の進化がここまで来たのかとびっくりしました。

自宅ですぐに食べられるし、レストラン並みの味だし、価格も外食と比較するとすごく安い。便利さと、安さで勝負するファミレスも大変でしょうね。

青の洞窟

一方で、この逆を言っているレストランで、静岡県に限定して出展している、”げんこつハンバーグの炭焼きレストランさわやか”というお店はご存知ですか?以前、お客様にごちそうになり、一発で好きになりました。

何がすごいかというと、そのライブ感です。炭火でじゅーじゅー焼かれた、げんこつハンバーグが目の前に運ばれて来て、目の前で肉汁を出しながら店員さんが食べやすく切ってくれます。そして、なによりもお店の雰囲気が明るいのです。

そして、この店は静岡県にしかありません。その理由は、味と品質へのこだわりにあります。さわやかで使われるハンバーグは、袋井市にある本社工場から、毎日お店の発注に応じて出荷されます。その日届いたお肉はその日のうちに使い切るのが原則で、賞味期限も非常に短いのです。そうです。静岡でしか食べられないのは、工場から直送できる距離に限界があるからです。

こういう話を聞くと、静岡に行ったら”さわやか”に行きたいと思ってしまいます。やはり多少遠くても、あのお店に行きたいと思わせる戦略はすごいと思います。店の雰囲気、こだわり、ライブ感。この辺は呉服業界でも多いに参考にできるのではないでしょうか?

http://www.genkotsu-hb.com/professhonal/story.html

 

受付のテーブルと応接室のソファを替えました

早い物で今年もあと10日余りですね。日本橋丸上では、本日・明日と年末の棚卸を実施しています。

さて、来年お客様を迎えるにあたり、受付のテーブル・椅子の補修作業と本館5階応接室のソファーの入れ替えを行いました。

受付は、これまで使用していたものを活用して、テーブルの天板を全体に合わせる形で木目調に変えました。椅子も修理を行いました。受付のスペースを考えると修繕が一番いい選択だったかもしれません。

応接室のソファーはだいぶ痛んでしましたが、新品にして居心地がかなり良くなりました。ソファーはもう少し下のランクのものを選んでいましたが、船便の都合等で、なぜかすごくいい物を納品してもらいました。ついてます!

丸上としては、お客様に気持ちよく仕入れいただけるよう、これからも頑張っていこうと思います。是非丸上にお越しの際に、新しくなったテーブルとソファーをご覧になってください!

P_20151221_110022 P_20151221_113845

【社員紹介7】須藤さん

本日の社員紹介は、来期から新部長として販売部を率いてもらうミスター丸上須藤さんです。

須藤さんは、どちらかというと、考えるより感じる人です。ブルースリーの”Don’t think.Just feel.”ですね。ちゃらんぽらんに見られがちですが、責任感は強いと思います。長年丸上の主力商品である帯の仕入れをしてきた、船形専務の一番弟子です。これから丸上を引っ張るにあたり、もう少し教養も欲しいところです。地位が人を作ることを期待してます。

年齢は僕といっしょの昭和50年生まれですが、早生まれですので、1学年先輩です。もし同じ中学に通ってたら、僕は一学年下のガリ勉だったので間違いなくいじめられてました。人生においてタイミングは大切ですね!

P_20151216_154812

麺屋大斗

今日は来客や年末の挨拶などの関係で珍しく昼食を食べ損ねました。そこで、丸上のそばのラーメン屋さんの「麺屋大斗」に行ってきました。

ここはあの有名な東池袋の大勝軒の流れを組むお店で、ラーメン、もりそばともに中盛りまでは無料で増量してくれます。中盛りといってもかなりのボリュームで、普通のお店の大盛り以上です。

僕のオススメはもりそばです。寒かったのであつもりにしました。時間帯によってはかなり混んでいますが、今日は2時過ぎだったので、すぐに座れました。

場所は丸上から堀留の交差点の方に歩いて約3分のところにあります。ラーメン通の方は丸上にお越しの時に行ってみてください。

P_20151217_140614 P_20151217_141659

京都出張

甲子園ボウルを観戦する為に日曜日に関西に入り、14日(月)、15日(火)の二日間、京都の仕入先様に年末挨拶と来期方針の説明の為訪問させていただきました。あくまで、仕事がメインですよ!ただ、時間が少し足りなかったので、訪問できなかったお店もありました。申し訳ございません。

さて、京都の情勢は全体的に厳しい雰囲気で、現在の状況を変える新しいビジネスモデルがなかなか生まれていないようです。

でも行動を変えなければ、結果は変わりません。このような状況でも、新しい商品や新しい付加価値にチャレンジしているお店は魅力的に見えました。

僕個人としても、あまりいいアイデアがありません。ですので今一度、他業種で実践している成功事例を勉強しなおして、頭を柔らかくしようと思いました。

ジャパンXボウルはパナソニックが勝利

昨日行われた、アメフト社会人日本一を決めるジャパンXボウルはパナソニックインパルスが24対21で勝利しました。

以前もブログに書きましたが、大学の同級生の荒木監督アッパレです!後半をテレビで見ただけですが、非常にタフな試合で、残り約1分で見事に逆転勝利しました。チームの勝利を信じて落ち着いて采配する姿が印象的でした。

昨年末はパナソニックがXリーグの急激な変化に対応できていないということで、年末年始もこの勝利のために取り組んでたそうです。改善点を見つけだし、このような結果を出した事は本当にすごいと思います。正確に調べていませんが、40才の監督による優勝は史上最年少ではないでしょうか?

もうアメフトのチームから離れて長いですが、一昨日の甲子園ボウル、昨日のジャパンXボウルと出場した全チームは最後まで正々堂々と戦い、本当に面白い試合をしてくれました。もっと多くの人に、この楽しみを知ってもらいたいです。

来年の1月3日に東京ドームで行われるライスボウル(パナソニック対立命館)も是非行きていたいと思います。お客様で興味のあるひとがいらっしゃったら一緒に行きましょう!わかりやすい解説を付けさせていただきます。お気軽に声をかけてください!

日本一まであと1点

昨日は、母校の試合を応援するために阪神甲子園球場に行ってきました。結果は早稲田27点対立命館28点で、一点足りず惜しくも初めての日本一は逃してしまいました。

でも、本当に凄い試合でした。前半開始直後から、立命館のランプレーが止まらず一時は21対0と一方的な展開になりました。でも、学生たちはあきらめず、キックのフェイクプレーや、前半終了間際にロングパスを通して2TDをたて続けに決めて前半を21対14まで追い上げて終了。

後半に一時は24対21と逆転をしますが、立命館に再逆転され試合終了3秒前に、スコアは27対28。最後のキックが決まれば奇跡の逆転勝ちという状況まで行きました。でも、最後はキックの距離が足りず試合終了。なかなか映画のようにはいかないですね。

残念ながら今年も早稲田大学BIGBEARSの日本一の悲願は達成されませんでした。でも、これまでの歴史上では一番近いところまで来ました。

早稲田のあきらめない姿に本当に感動しました。これまで約25年アメフトを見てきましたが、もしかしたら一番心に残る激闘だったと思います。引退する学生には本当にお礼を言いたい気持ちです。そして、3年生以下の学生達にはいい試合をしても、1点足りなかった理由をよく反省して来年以降につなげてもらいたいです。

スポーツでは毎年のシーズン毎で区切りはつきますが、ずうっと続くものです。必ずこの悔しさをバネに悲願を達成してもらいたいと思います。

ちなみにOBからすると、このような形で昔のチームメイトと会える機会をもらえることはとてもありがたいです。ものすごい勇気と感動をもらいました。今日からの仕事もより一層頑張れそうです!

P_20151213_155832