2015年06月 記事一覧

電車通勤

おはようございます。ご存知の方も多いですが僕は電車通勤をしています。電車通勤をしている理由は簡単にいうとこんな感じです。

①運動になる。(家から駅まで約20分歩いています。最後は急な坂道です!)

②新聞や本を読む時間ができる。

③市場の雰囲気を感じることができる。(電車や駅の広告をみると勉強になりますし、現在のファッションの流れも見られます。)

④気分転換

⑤コスト削減(車の維持費がかなりかかりますので。。)

特に④は面白いですよ。実は丸上周辺は日本で利用できる駅と路線数が最多の場所と言われています。以前読んだ本に書いてあったのですが、新しいアイデアを生み出すには通勤経路を変えて脳に刺激をあたえるといいそうです。ですので、僕は定期を持たずにいろんなルートで会社に来ています。さらに都内だと路線数が多いので、かなりのルートを選べることができて毎日楽しいです。お客様も丸上に来た時は、色々な駅を利用してみると新しい発見があると思いますよ!

【ご参考:丸上から徒歩圏の路線と駅】

JR線 馬喰町駅、新日本橋駅

浅草線 東日本橋駅、人形町駅

日比谷線 人形町駅、小伝馬町駅

新宿線 馬喰横山駅

半蔵門線 水天宮前駅

http://marujo.jp/?page_id=103

【丸上食堂8】チーズのはさみ揚げ

今日の丸上食堂はチーズと豚肉のはさみ揚げです。僕はソースではなく醤油をかけていただきます。それと写真ではわかりにくいですが、サラダはポテトサラダとマカロニサラダのハーフ&ハーフで、2種類の味を楽しめました。

今日もご馳走さまでした。

P_20150629_115154

Microsoftによる視察を受けました

今日はIBM時代の同期で、現在はMicrosoftで勤務されている望月さんが新入社員を連れて中小企業におけるシステム活用の視察に来ました。

昨年導入した商品管理システムや、先日サービスを開始した商品情報提供サービス。社内での情報共有の仕組みなどを紹介しました。感想としては「思ったより手作業が少なくて進んでるね。」という評価でした。

僕の考えでは、呉服業界ではシステムは中心ではなく、あくまで人と商品が主役であると考えています。そしてそれを助けてくれるのがシステムではないでしょうか?また、あまりそういうのに得意じゃない人が、抵抗なく便利に使ってもらえるような環境を作るのが大切だと思ってます。

P_20150626_150716

半期決算市が特別なワケ

早いものでもうすぐ6月も終わりですね。丸上は12月決算なので、今月末を持って半期が終わります。状況はなかなか厳しいですが、いくつか新しい芽も見えてきました。

お客様はご存知だと思いますが、丸上は買取のスタイルで売れ筋の商品を集めることを大切にしています。でもその欠点はどうしても、売れ残りというか失敗してしまう商品も出てしまうことです。ですので、例年この半期と期末に商品の再評価を行い、会社として商品を見切るようにしています。こうしないと売場の鮮度が保てません。厳しいですが、魅力のある新鮮な品揃えをする為にはやらないといけないことです。

それに加えメーカー様のハンパ品、B反もお分けいただいております。また、今回は一部お客様の廃業に伴う商品も引き受けております。別館4階に特別売場を作りますが、そのようなマル得商品でいっぱいになりました!やはり半期決算市は特別です!

今年も日本橋丸上名物の「半期決算市」を7月1日(水)〜3日(金)に開催いたします。この三日間はお客様が絶対得できるのではないかと思ってます。多くのお客様のご来場をお待ちしております。

P_20150626_082238

【丸上食堂7】唐揚げ

今朝ブログをアップしたので、今日はもういいかなと思っていました。でも、来ました唐揚げ!僕のなかでも1、2を争う大好きメニューです。今日もお肉が柔らかくて美味しかったです。ただそれだけです。

P_20150625_120643

成長する人とそうでない人の違い

今日はちょっと真面目に、僕の考える成長する人とそうでない人の違いについて書きたいと思います。その違いをもたらす違いはひと言でいうと「ものごとを自分の責任ととらえるか、人のせいにするか。」だと思います。

時々自分のいる業界や会社の悪口を言う人と会うこともありますが、その業界や会社を選んだのは間違いなく本人なのです。それと、本当に見切りをつけるのであればすぐに違う業界、違う会社に行くべきだと思いますが、ほとんどの人は「できない理由」ばかり口で言ってるだけです。それではいい仕事ができないでしょうし、成長もないと思います。

自分が決断した仕事に取り組むのであれば、人のせいにせずに一つ一つ自分のできることを実行していくしかありません。過去と他人は変えられないですが、自分と未来は変えられます。その為には継続して努力を続けるしかないと思います。

このところ呉服業界の情報を集めていますと、まさに変化の時代でここ1.2年でルールや価値観が大きく変わることになると思います。変化の時代ということはチャンスの時代です。そのタイミングでいかに前向きに取り組めるかが数年後の大きな差になることは明確です。

僕は自分が決断した仕事に一生懸命取り組めてすごく幸せだと思ってますし、いい事があっても、悪いことがあっても全部自分の責任だと思うようにしています。そのように楽しく仕事をしている人の方に運は寄ってくると思ってますよ!今日も頑張って働きます!

薄い財布

僕は財布を肌身離さず持っていないと気がすまないタイプです。でも着物の時はあまり大きいお財布だと入れる場所に困っちゃう。そんな悩みがありましたが、数年前から写真の薄い財布というのを使っています。

これだと、帯の中に入れても出っ張らないし、スッキリ持ち運べます。持ち運べるカードの枚数は減りますが、本当に必要なものを選べば全く問題なかったです。あまり使わないホテルの会員券やポイントカードはカードホルダーに入れて鞄に入れてあります。

硬貨も999円まで入りますが、無駄な硬貨はをもらわないように日頃から計算して小銭を出すようになりました。なによりも着物の時に便利です。詳しくは下記のサイトで紹介されています。ご参考になればと思い投稿しました。

P_20150624_141334

 

http://superclassic.jp/?pid=41203

【丸上食堂6】サバの塩焼き

今日のお昼はサバの塩焼きでした。ですが、いままでになかった中華炒めがサイドメニューについて豪華になっています。これもブログでメニューを紹介しはじめたメリットでしょうか?美味しかったです。ごちそうさまでした。

P_20150623_115503

社員紹介①

今日から、社員紹介を始めたいと思います。

まずは、お客様と接する機会の少ない事務関連の社員から紹介したいと思います。第一回は経理の藤井次長です。藤井さんは丸上で一番数字に強いひとで、長い間丸上の金庫番をしてもらってます。経理業務に加え、システムにも詳しいので昨年の商品管理システム導入時にも大変活躍してもらいました。

システム会社との打合せの時には、システム会社のひとを論破して、あるべき方向に進めちゃうくらい詳しいですし、いつも必要な資料を社内システムからデータを引っこ抜き、Accessで加工して分かりやすくだしてくれます。(システム会社出身の僕も、いまいちどうやってるかわかりません。。)

また、社内のプリンターやネットワーク、コンピュータ機器の不具合が発生した場合はドライバー一本を持って駆けつけ、大抵のものは直してくれます。

ご存知の方も多いと思いますが、丸上の社員は全体的に数字(算数?)とコンピュータが苦手なので、いつも別館3階の藤井さんの席は困った時の駆け込み寺みたいな感じになってます。

なので、簡単にいうとひとの3倍働いてくれるひとですね!おかげで丸上のローコスト経営においてはとても大切なひとです。いつもありがとうございます!

P_20150622_085124

 

違いをもたらす違い

おはようございます。東京は朝から雨がすごいです。今年はしっかり雨が降りますね。

さて、いつも僕が気にしていることに、「違いをもたらす違い」というものがあります。どのような時代においても業績を伸ばしている人と、そうでない人があります。そこで、その結果をもたらしている”違い”に注目して、良い結果を出している人の良い部分をまねて改善すると、同じ結果が得られるという考え方です。

例えば大学スポーツの場合はどうでしょうか?僕の考えですと、大学スポーツにおいて結果を左右する一番のポイントは、優秀な選手ではなく、監督だと思っています。理由はどんなに優秀な選手がいたとしても、大学スポーツの場合は4年間でその選手は必ずいなくなります。たまたま優秀な選手が揃った年があってそこそこの結果が出た年があったとしても、それは偶然であり本当に強いチームにはなれません。

リーダーシップのある監督がチームの細かいルールから整備し、基本を徹底し、リクルーティングから選手の育成、チーム理念の徹底を行えば、そのチームは永続的に結果をだします。

そのような考え方に基づき、慶応大学のアメフト部は多額のコストを払いデイビットスタントというハワイ出身のプロコーチを2013年からヘッドコーチに就任させました。デイビットとは私も同じチームで活動したことがありますが、非常に魅力的な監督です。なかなか革新的なことですよね。現時点では、爆発的な結果は出ていませんが、数年後には必ず良い結果が出てくると感じています。(ライバル校の出身者としては負けるわけにはいかないのですが。。)

ちなみに、日本橋丸上でも、「企業理念の徹底をすること」が第一だと考えています。現在の業界のなかでどのような役割を果たすことで着物ユーザー様、小売店様、仕入先様に貢献するのかということを全社員が理解するようにしていきたいと思っています。