社長の着物 一覧

新しい制服

おはようございます。本日は”秋の呉選会”3日目です。昨日までご来場いただいたお客様は気付かれたかもしれませんが、令和元年の今月から女性社員の制服を新しくしました。令和の時代の日本橋丸上は女性がより輝く会社にしていきます!

ちなみに今回の呉選会で僕が来ている着物は、新しい制服に色を合わせたコーディネートです。いかがでしょうか?

 

後継者アカデミー

昨日から「後継者アカデミー」というセミナーに参加しました。このセミナーは2年間にわたり様々なことを学ぶ、日本でトップの後継経営者教育です。以前からずっと参加したかったのですが、念願が叶いました!

昨日は所作の大切さと心構えを勉強しました。教室への入退室の際に礼をしましたが、学生時代のアメフトのグランドに礼をしていた事を思い出しました。40を過ぎてもう一度マナーを学びましたが、なんかちゃんとするって気持ちいいと感じました!資本主義社会では差異性こそが利益の源泉ですが、このような小さな差を積み重ねていくこと、継続することが大切だと感じました。

また、新しい出会いもたくさんありました。これから2年間ワクワクした気持ちで学んでいきたいと思います。

今回は新潟県の着物です。

昨日から開催しています、“秋の呉選会”ですが、今回は新潟の着物を着てみました。

塩沢お召の着物と羽織、小千谷の高三さんの角帯のコーディネートです。

本日2日目も頑張って参ります!

くるまや工房の角帯買いました!

小千谷のくるまや工房(高三織物)の角帯を書いました。

実は、これで一本の角帯です。締めると紺と水色、黒とグレーで貝の口で結ぶことになるので、ツートンカラーで結び目ができます。

高三さんご自身が、こういった角帯が欲しいということで考案したそうです。

5月6日(日)からの”秋の呉選会”で締めてみようと思っています。

結城紬のコーディネイト

先日、紛失していた米沢の羽織が出てきました!なぜか、妻のキモノの箪笥に入っていました。これは本場結城紬に合わせて作りましたが、5年くらい見当たりませんでした。ちゃんと整理しないといけないですね。

そんなわけで早速着てみました。帯は木屋太の風通おり、着物は結城の杢無地です。モノトーンでまとめてみました。

ちなみに下の写真は以前掲載したものですが、同じ結城紬で羽織と帯、羽織紐を変えるとこんなコーディネートができます。やっぱりグレーは使いやすいですね。

 

帯コレクション

先日着物の箪笥の整理をしたらこんなに帯がありました。丸上に入って13年になりますが、結構帯も買いましたね。

首里道屯(ロートン)織、八重山ミンサー、博多、西陣木屋太、米沢五百機織、近賢さん、夏博多帯、羅(西陣)、夏大島、今では作られていない小千谷の麻の兵児帯、もう使話なくなった初心者用ワンタッチの角帯。

こうして並べると結構持っています。やっぱりこれからは業界関係者が着物を着ていく時代だと思います。もう少しコレクションを増やしたいです。

 

寒い冬は角袖を着ています

東京も年明けから寒い日が続いています。年初から僕も着物を着ていますが、この季節には角袖のコートがひとつあるととても便利です。

どんな着物にも合わせられるよう、グレーのものを使っています。着物にはないポケットも結構重宝しますね。

メリークリスマス!

今日はクリスマスですね!23日にお客様創業記念パーティーに参加いたしました。ちょうどクリスマス直前ということで、クリスマスツリー前での写真です。(ちょっと逆光ですみません。。)

今年も着物で全国いろいろ出張しました。僕はできるだけ自宅から着物を着て会場に行くようにしています。最近は外国人の方が多いので、新幹線等でみなさん興味深そうに見てくれます。

来年もたくさん着る機会を作りたいと思ってます!

クリスマスパーティー

昨日は高校時代の友人にお招きいただきまして、在日ドイツ商工会議所のクリスマスパーティーに夫婦で参加してきました。もちろん着物です!

ドイツをはじめ様々な人に着物に興味をもってもらえると嬉しいです。

本結城紬紬に西陣お召

おはようございます。今朝のブログは今週の日曜日に参加したお客様きものパーティーの着物を紹介したいと思います。

着物は本結城紬の杢無地で、羽織は紬糸の入った西陣お召です。やっぱり本結城は真綿に包まれる感覚で、ほっこり暖かいです。
色はグレーとブルーを中心にコーディネイトしました。帯は木屋太の風通お召です。僕はしっかり帯をしめるのが好きなので、とてもいい帯です。