着物 一覧

組合ポスターできました

いつも好評の東京織物卸商業組合のポスターが完成しました。
今回はあの上村松園さんが1941年に制作した「晴日」という作品です。
たすきがけで着物の洗い張りをしている女性を描いています。

丸上の受付に置いてあります。お客様でご要望の方は弊社担当までお問い合わせくださいませ。

クリスマスにぴったりの訪問着

長期間に渡って開催してまいりました、”大躍進展”も本日が最終日です。

今回の見附にはクリスマスにぴったりの訪問着がかかっています。地紋は雪の結晶になっててとても素敵です。

なお、会期中にお越しになれなかったお客様も、丸上は在庫をしっかり持っていますので、継続して売出し体制をとっておりますの。是非お客様のご都合のに合わせてお越しください。

18歳成人22年4月から

以前から着物業界でも問題視されてきました、18歳成人の改正民法が昨日参議院で成立して、2022年4月1日から施行されることが決まりました。今後の成人式のあり方をよく見ていく必要があります。

業界として最初に取るべき行動は、2022年(平成34年)1月の成人式まではこれまで通り開催されることが決まったことを認知することです。この法案の成立により、現在の振袖対象者からすると自分たちの成人式はどうなるのかという不安が生まれますので、ちゃんと開催される旨を説明することが大切です。

そして平成35年の成人式からはどのような形で開催されるのかは、現時点では未定です。今後の働きかけについては業界視点からよりも、エンドユーザー視点や成人式を開催する地方自治体の立場を考え提案することに重点をおく必要があると思います。

例えば、エンドユーザー視点で言えば、高校生活の延長線上の18歳時点での成人式に参加したいのか、それとも同窓会的な意味合いもある20歳での式典を望むのか。飲酒は20歳維持ですので、そのような式典でお酒があったほうがいいのか、ないほうがいいのか。

また、成人式は1946年の蕨市が起源とされているので、70年以上続く日本の通過儀礼です。1946年に20歳だった方はすでに90歳を超えていますので、成人対象者の親は全員20歳での成人式を経験しています。僕にも子供がいますが、やっぱりハタチは日本人の親からすると子育ての一つの節目であることは間違いないと思います。このような長く続く日本の文化についての考え方についても考察の必要があります。

また、成人式を運営する地方自治体の方の立場からすると、18歳で成人式を行っても受験と重なり参加者が激減するリスクがあります。またその式典の後の飲酒のトラブルの危険もあります。

何より18歳に成人式を移動させた場合、本当に3年分の式典をまとめて開催できるかという問題もあります。

確かに新聞を見ると18歳で契約が成立するようになるので、教育として18歳成人の意味を教える事は大切ですが、それは式典ではなく高校などでの授業でしっかり教えたほうが効果的だと思います。

いずれにしても過度に反応しすぎずに、一度冷静にエンドユーザーの考えや、様々なリスクを検証して、あるべき姿を導き出すのがいいかと思います。

〈見附の着物〉田村哲彦作 経絽訪問着

今日の丸上の見附の着物は田村哲彦作の訪問着です。

季節先取りということで夏物です。とても涼しげな色合いで、珍しい経絽の生地に染めてあります。

田村哲彦さんは、昭和16年新潟県に生まれ、染色専門学校を卒業後、加賀友禅の修行に入ります。そして昭和49年には、独立して工房を設立されました。

きものの日ブック表紙アプリ

突然ですが、「きものの日ブック表紙アプリ」はご存知ですか?これは京都織物卸商業組合が作成したきものファン向けアプリで、スマホで撮影した写真を皆さんご存知のあの雑誌の表紙風にしてくれるアプリです。

そしてきものの日公式インスタグラム「kimonoday」では、このアプリを利用して取った画像の「表紙画像コンテスト」を定期的に開催しています。是非きものファンの方に知ってもらいたいアプリです。

使ってみると面白いですし、もちろん完全無料です。こういった情報をエンドユーザー様に伝えて、もっと着物を楽しんでもらいたいですね!

iPhone、Androidともに対応しています。詳細はこのリンクをクリックしてみてください。

http://www.fashion-kyoto.or.jp/event/kimonoday_appli.html

東京織物卸商業組合では、このアプリを知ってもらう為の説明用のフライヤーを製作してみました。来月の案内状に同封しようと思いますが、事前に見てみたいお客様は弊社担当までお問い合わせください。

〈見附の着物〉雪輪訪問着

おはようございます。今日のブログは見附の着物です。

京友禅のきれいなクリーム地、雪輪柄のやさしい訪問着です。非常に淡い色目で写真ではうまく表現できていません。是非ご来店頂いて実物をご覧下さいという勧誘はだめですかね?(笑)

【見附の着物】茶屋辻訪問着

今日のブログは、日本橋丸上の見附の着物を紹介したいと思います。

京友禅の茶屋辻訪問着です。この商品は手描きで、ボカシの部分にこだわりがあります。このようなきれいなボカシができる職人さんが減ってきているようです。これからもいい商品を紹介していきたいと思います。

11月15日はきものの日です

おはようございます。今日11月15日は全日本きもの振興会が、七五三の日に家族そろって着物で出かけて欲しいとの願いから制定した「きものの日」です。

僕も自宅から着物を着てきました。

寒くなってきたので、本結城の杢無地に米沢の羽織です。帯は買ったばかりの首里のロートン織です。いかがですか?

東京織物卸商業組合では、11時から堀留にある東織健保会館から日本橋中央通りまで着物で歩くイベントを予定していますので、参加してきます。お時間のある方は是非ご参加ください。

koms_1479165926

京都織物卸商業組合製作の話題のアプリを使って、美しいキモノの表紙を作ってみました。

 

(見附の着物)田村哲彦訪問着

おはようございます。今日の丸上の見附には田村哲彦作の琥珀染訪問着を展示しています。

img_20161109_134758

田村哲彦さんは、昭和16年新潟県に生まれ、染色専門学校を卒業後、加賀友禅の修行に入ります。そして昭和49年には、独立して工房を設立されました。

草木染料を駆使した友禅染めや斬新なデザインで、大変な人気と輝くような受賞歴を持つ実力派の作家です。「哲」という落款が入ります。
自然の恵みそのものである「草木染」の技術と、伝統に培われた「加賀友禅」技法を駆使した「加賀草木友禅」です。

琥珀染は、奥深い色相を求める琥珀色で下染めをし更にその上に重ね染めをする事により絹の上に琥珀の重厚な美しさを表現した作品です。

 

今日の見附③【辻が花訪問着】

おはようございます。今日の丸上見附の着物は十日町根善織物様の辻が花訪問着です。鬼シボの生地にしっかりとした加工が施されています。

いよいよ大躍進展の開催まであとわずか!お客様のご来店をお待ちしております。

img_20160927_150118