デジモノ情報 一覧

WF-1000XM3を購入しました!

先日ソニーのWF-1000XM3というイヤホンを購入しました。初めての完全ワイヤレスとなります。僕は少し雑音に弱いところがあります。日頃のストレスを緩和させる為に、ノイズキャンセリング機能がしっかりしたイヤホンをこれまで何度も試してきました。

完全ワイヤレスということでケースを持ち歩かなければいけないことを不便だと考えていましたが、思っていたよりも邪魔じゃなかったです。また、ケースにしまうだけで充電が始まるので、かえって使い勝手が良く感じました。

音質は非常にいいです。これまで使っていた3000円程度のワイヤレスイヤホンとは雲泥の差です。ノイズキャンセリングもかなり効果があり、飛行機や新幹線の中でも快適に過ごせます。

ただ、イヤホンで音量の変更を操作できないことを少し不便に感じました。

静かな空間が作れると移動時間を有効活用できます。出張の多い僕にはいい買い物だったと思います。

ソフトクロス

先日大型プリンターを購入した記事を投稿しましたが、ソフトクロスという素材に印刷できることが判明しました!紙と違ってシワになりにくく長く使えます。

ソフトクロスについては広報担当者が見付けて手配してくれました!これで、プリンターをより広く活用できそうです。

Bluetoothスピーカー

別館4階のレンタルスペース用にBluetoothスピーカーを購入しました。最近のものはワイヤレスステレオペアリングという機能があって、2台をリンクさせて、音を全体に広げることができます。別館のスペースだとちょうど音が広がっていい感じになりました!

複合機が新しくなりました!

丸上の本館と別館で使用している複合機(コピー機)が新しくなりました!印刷の品質・スピードが上がりましたが、ランニングコストは下がりました。それに加えて、Dropboxの書類が直接印刷できたり、スキャナの画像を直接取り込んだりすることもできます!

前職の経験ですが、システム関連業者はリース期間終了や、サポートの終了などを理由に機種の交換を勧めてきますが、機能の拡充がなければギリギリまで機器を使用することがコスト削減につながると思います(ケチ)。大企業の場合は年度予算の関係などで枠を使った方がいい事もあるかもしれませんが、中小企業にこの考えはあてはまらないと思います。

経費の使い方のコツは、”生き金”と”死に金”をはっきり分ける事です。

 

 

大型プリンター買いました!

この度、日本橋丸上では大型プリンターを購入しました。CanonのインクジェットでA1ノビというサイズまで印刷できますし、ロール紙で長めのポスターなども製作できます。

これからは呉服業界でも視覚的提案がとても大切になってきます。うまく活用して、まずは丸上の売場の雰囲気を変えていきます。

困ったのは、デカくて、重いので設置に手こずった事です。別館3階に設置しましたが、1階の廊下もエレベーターもギリギリ通すことができました。

丸上が誇る、藤井経理部長兼技術員様が見事に組み立ててくれました。ありがとうございました。

モニター壊れました!

昨年購入してずっと使っていたバーチャルフィッティング用の43インチのモニターが壊れました!表面はなんともないのですが、中で液晶が割れてしまったようです。

今週末も使用予定があるので、すぐに同型を買い直しましたが、昨年よりさらに安くなっていて3万円ちょっとでした。僕が結婚した2002年に勢いで当時出たてのプラズマディスプレイを購入しましたが、約70万円したことを考えるとすごい価格破壊です。バーチャルフィッティングが普及した理由の一つはモニターのコストが抑えられていることもあります。ショッピングセンターなどで注意して見ると、かなりサイネージとして使用されています。店頭活性化でいろんな使い方はできると思います。

ただ、この価格破壊を考えるとニュースになっているジャパンディスプレイが苦戦している理由も少し分かります。

MacBookProの改造

今年のゴールデンウィークは出勤や東京キモノショーのお手伝いなどバタバタで、どこかに出かけるということはほとんどできませんでした。そこで、亡くなった父より譲り受けたMacBookProの改造に着手しました。

このMacは2011年の後期モデルで、メモリ4GB、HDDで、起動がとても遅くあまり使えていませんでした。これをメモリ16GB、SSD化しました。今はwebやYoutubeで親切に改造方法がわかるので便利ですね。約2万円の投資で、令和の時代でも十分使えるスピードに変わりました。

体感的にはSSD化はすごく効果が発揮されました。そのSSDが500GBで約8000円ってすごいです!そのうちHDDってなくなるんだと感じました。

そういえば約20年前にIBMで僕が最初に売ったのは大型ストレージで、420GBで数千万円でした。。

SIGMA 単焦点レンズ買いました

SIGMA 単焦点レンズ Art 30mm F1.4 DC HSMを買いました。誰かに言われましたが、じょじょにレンズ沼にはまってきています。

3年前にCanonのEF50mm F1.8 STMを買いました。その時のブログはこちらです。どちらも単焦点で明るいレンズです。昔は同じようなレンズは1台あれば十分と思っていましたが、買ってしましました。。何が違うかというと焦点距離です。Canonのものは50mmなので、少しアップになって、撮影範囲が狭いです。これは、商品の撮影なんかにはちょうどいいですが、人を写すときは少し距離をとらなければいけませんでした。

人を撮る時には35mmくらいがちょうどいいです。F1.4という明るさを感じてみたくなってしました。
僕は自分に厳しいので、レンズ沼からもう出ます。必要なのはあと望遠レンズくらいですから。。

プロジェクターの台

先日バーチャルフィッティング用のプロジェクターを購入した事をブログに書きましたが、縦画面で投映するときはもちろん縦に置かなければなりません。ただプロジェクターの横に熱を逃す空気穴があるため、この通気路が必要です。

試行錯誤の結果、写真のような台を製作しました。プロジェクター台の必要な機能としては下記です。

①空気を問題なく通すことができること。

②しっかり安定して、プロジェクターの重さに耐えらること。

③持ち運びができること。

プロジェクター本体をマジックバンドでしっかりに台にとめると、かなり安定しました。

スチールラックは100円ショップで調達し、簡単に分解できます。またマジックバンドは3mで248円でしたので合計1112円で作ることができました!

最新プロジェクター買いました!

この3月に発売されたばかりの最新のプロジェクターを購入しました。使用目的はバーチャルフィッティングのデモなどの時にモニターが運べないという問題点を解決するためです。

調べてみるとプロジェクターで縦画面を表示できる機種って少なくて、レーザー光源という高級な機種じゃないとすぐに壊れてしまうそうです。それでレーザー光源で360度設置対応の機種をずっと探していましたが、この3月に少し安い機種が発売されましたので早速購入しました。

レーザー光源のおかげで5000ルーメンという明るさです。プロジェクターは暗くしないと見えにくいイメージがあると思いますが、この機種だと電気をつけたまま使用しても普通のテレビくらいの明るさが出ます。

あとは縦設置可能な台を手作りしたいと思ってます。まだまだこの他にもいろんな使い方を考えていきたいと思います。