モニター壊れました!

昨年購入してずっと使っていたバーチャルフィッティング用の43インチのモニターが壊れました!表面はなんともないのですが、中で液晶が割れてしまったようです。

今週末も使用予定があるので、すぐに同型を買い直しましたが、昨年よりさらに安くなっていて3万円ちょっとでした。僕が結婚した2002年に勢いで当時出たてのプラズマディスプレイを購入しましたが、約70万円したことを考えるとすごい価格破壊です。バーチャルフィッティングが普及した理由の一つはモニターのコストが抑えられていることもあります。ショッピングセンターなどで注意して見ると、かなりサイネージとして使用されています。店頭活性化でいろんな使い方はできると思います。

ただ、この価格破壊を考えるとニュースになっているジャパンディスプレイが苦戦している理由も少し分かります。

友達を信頼する

土曜日は子供の授業参観に行ってきました。小学校3年生の道徳のテーマは、「友達を信頼する。」でした。運動会での二人三脚の出来事を書いてある教科書を読んでみんなで、こんな時どんな考え方をするか意見を交換しました。

僕が印象に残った質問は、

「うまくいかない時に、相手にどう感じるか?」

でした。大人でもどうしても相手のせいにしちゃうことが多いのではないでしょうか?本来は相手に寄り添い、何がベストかを信頼しあって方向性を出すべきですが、それができてない自分に気づきました。

最近の学校の道徳の教科書は非常によくできていて、このまま社員教育でも使えるのではないかと感じました。

近江綿麻着物にクジラの帯

今朝の東京は、梅雨の間の晴れ間になっています。金曜日ですので日本橋好みコーディネート更新いたしました。6月のテーマは青です。近江の綿麻着物に博多西村織物のクジラの帯で、季節感を楽しんでいます。

今回の更新で45回目になりました。だいぶストックができてきたので、これまでのコーディネートをまとめたブックを作ろうかと思ってます。

http://marujo.jp/nihonbashi/?p=354

 

ファシリテーターデビュー

先日”デキル。株式会社”主催の小野ゆうこさんによるファシリテーター育成コースに参加して、効果的でアイデアの出る会議運営方法を学んできました。

そして一昨日はその経験を忘れないうちにと、早速社内でファシリテーターデビューを果たしました!参加してもらったのは、荒川さん、井筒さん、田辺さんの入社10年目の同期三人組です。簡単にいうと僕の実験台です(笑)。

昨日は初めてということもあり、”スゴイ、スゴーーーーーイ ガム”を作るという自由なテーマで会議をしました。結果としてアイデアを形にしていく体験をする事ができました。

僕の感想は下記です。

①確かに3人チームだと、ちょうどいいスピード感でアイデアをまとめる事ができる。

②最初に5グランドルールを共有して、自由な意見が出やすい場を作ることが大切。

③アイデアは質も大切だが、個人でどれだけの量が出せるかがポイント。発想力は才能ではなく、訓練次第で成長できる。

④会議のメリハリ、時間管理が大切。1=1、一度に一つのことに集中すること。

⑤みんな若いのに結構頭が固くなっているのがわかった。もっといろんな刺激が必要。

⑥たくさんのアイデアをまとめていく経験を通じて、本業に適用していけそう。本業の場合はいかに枠を外したアイデアを書き出せるかが大切だけど、初めは自由な意見が出やすい経験をすると良い。

⑦イノベーションカードは、全然想像もしなかった角度からの問いが来るので、新しい発想につながる。ただ、おかげで少し疲れる。

参加したみんながそれぞれどんな経験をしたのかも聞きました。このような会議が継続的に運営できる社風にしていく事がイノベーションに繋がると思います。

ちなみに小野さんからイノベーションとは、

”今日より明日をより良くする取り組みのすべて”

という素敵な言葉を教えていただきました。結局小さなことの繰り返しでしかイノベーションは起きないということをしっかり認識したいと思います。

本日より十日町合同販売会開催です

本日より丸上別館にて十日町合同販売会を開催しております。参加メーカー様は島善織物様、秀美様、美翔様、水国織物様の4社です。

素晴らしい商品がたくさん用意されております。皆様のご来場をお待ちしております。

MoleskineのノートとFRIXION BALL

最近お気に入りの文房具はMoleskineのノートとFRIXION BALLです。

Moleskineのノートはゴッホやピカソ、ヘミングウェイなどの愛用していたそうです。文房具屋さんで気に入ったのでそのままレジに進みましたが、想像以上のお値段でした。ただ使ってみるとしっかりしていて愛着が湧いてきます。

また、FRIXION BALLは青の0.7ミリを使っています。僕は聞いたことを忘れがちなので、そのまま書いて読み返す作業をして、知識として定着させることが多いです。たくさん書くからか、インクが出やすく、スラスラ書けるペンが好きです。先日使い始めましたがあっという間にインクがなくなり芯を替えて愛用しています。

ちなみに青を使っている理由はある本にこんなことが書いてあったからです。

「青は書くだけで、1.1倍記憶力が上がる」と考えてください。青は集中できる色なので、青ペンを使うだけで、無意識のうちに集中状態に入ることができます。

この効果のほどは分かりませんが、毎日使う文房具の選び方でも、パフォーマンスは変わってくると思ってます。ApplePencilなども試しましたが、現時点では僕は紙とペンが好きです。

Input過多

東京は先日梅雨に入りまして、今日も朝から雨が降っています。早いもので今月が終わると、今年も折り返し地点です。

今年の前半を振り返ると後継者アカデミーへの参加やシンガポール出張、組合関連の仕事などなど、例年にも増してInputが多い期間でした。本もたくさん読みました。そして少しInput過多になっていて、やりたいことが多すぎて脳みそが爆発している状態です。ここで少し落ち着いてから振り返りを行い、行動していきます。

様々な方とお会いして、共通している事は令和の時代は”行動”と”人”が大切という事です。全ては”行動”の結果ですし、”行動”を行うのは”人”しかいないから当たり前ですね。

今日から新入社員も研修を終え、各部門に配属されました。みんなの力を活かして、前に進んでいきたいと思います。

日本橋好み更新しました

毎週金曜日にスタイリストの吉澤暁子先生のコーディネイト提案を更新しております。

本日は松原さんの両面染めに桐生織名古屋帯のコーディネートです。

公式Instagramの投稿も200件を超えました。素敵なお着物をご提案しておりますので、フォローよろしくお願いいたします。

http://marujo.jp/nihonbashi/?p=352

https://www.instagram.com/nihonbashigonomi/

貧乏治療院と繁盛治療院

今日のブログは根岸靖さんが書かれた「貧乏治療院と繁盛治療院」という本を紹介します。

なぜ僕が着物と全く関係ない治療院の本を読んだかというと、この本の筆者の根岸さんと今年のシンガポール研修に一緒に行ったのがきっかけです。根岸さんとは同級生で、脱サラをされてから現在は複数店舗の治療院を運営されている優れた経営者です。

この本の冒頭には、「本書を手に取ってくださったあなたは、きっとすでに治療院経営に向けて一歩踏み出している方、もしくは志している方ではないでしょうか。」とありますが、僕は全然志していません(笑)!

ただ、内容には着物業界でも参考になる事がたくさん書かれていて勉強になりました。

お客様が本当に求めているものは何か?理念・技術・心の大切さ。自分の仕事にプライドを持つ事。価格に対する考え方。宣伝広告の大切さ。他業種からのノウハウの活用。などなどとても参考になりました。僕も色々インプットして、行動していきます。

ただ、知っている方の書かれている本を読んでいると、テレビドラマみたいに、その人の声が聞こえてくるのは僕だけでしょうか?なんか不思議な感覚です。

 

 

本日京都呉選会最終日です。

京都販売会も本日が最終日です。昨日までも非常に多くのお客様にご来場いただき感謝しております。

このような移動販売会は4年前に名古屋で初めて開催し、翌年から京都で行うようになりました。今回開催した感想としては、まさに”石の上にも三年”という事です。このような活動を通じて3年前までは全く知らなかった新しいお客様との関係性がたくさん生まれた事がとても嬉しかったです。

新しい事を始めるときは、うまくいかなかった事も考えて慎重になってしまいますが、行動を起こさない限り成功はないですし、何が悪かったかも分かりません。また、ちょっとやったからといって、すぐに結果を出す事も非常に難しい時代になりましたので継続も大切です。

京都売出は須藤さんが中心になって開催していますが、これまでに様々な経験を積んだおかげで、ノウハウもたまってきました。来年以降もより改善して取り組んでいきます。

http://marujo.jp/CMS/?page_id=107