お金と心を動かす会話術

今日のブログは久しぶりに書籍の紹介です。定期的に勉強会を開催して、いつもご指導いただいているライフデザインパートナーズ代表のモチベーター浅川智仁さんが書かれた「お金と心を動かす会話術」です。

浅川さんはいつもパワフルで、元気で前向きです。この本を読むとその理由もわかります。営業に対してマイナスのイメージを持っている方もいるかもしれませんが、浅川さんの営業の定義は「お客様から喜ばれるもの」「お客様に感謝されるもの」「お客様に感動を与えるもの」というものです。

そしてお客様にとって営業はドクターなんです。自分の扱っている商品やサービスがお客様に本当に役に立つのであれば、自信を持ってお客様に確実におすすめできるはずです。まずは自分の売っているものに絶対の自信を持つことが成功の第一歩だと思います。

この本にはこのような営業の心構えから、テクニックまで様々なことが盛り込まれていて、大変勉強になりました。着物の業界でも活用できると思いますので、ご興味のある方は是非ご一読ください。

プロフィール写真できました!

先日撮影したプロフィール写真が出来上がりました!

やっぱりプロは違いますね!好感度アップ間違いなしです!

katomiさん、ありがとうございました!

日大アメフト部が監督とコーチを公募

おはようございます。昨日のW杯の日本勝利、素晴らしかったですね!興奮しました。大会前はごたごたもありましたが、やっぱり勝てば官軍ですね。この勢いで予選突破を期待します。

そんなニュースの裏で、問題の日本大学アメフト部が監督とコーチを公募しました。ただ日大アメフト部のOBは対象とせずに、新しいチーム、文化を作ろうと努力しています。

http://www.nihon-u.ac.jp/uploads/files/20180619125130.pdf

僕は日大フェニックスが復活するためには、①現役選手主体によるチームの再建、②それをサポートする、経験豊富な監督・コーチのサポートが必須だと考えていました。

そして、日本のアメフト全体の視点で見ると今回の監督、コーチ選定ついても日本アメリカンフットボール協会が全力でサポートすべきです。

今回の悪質タックルは大変な問題ですが、これまでの日本のアメリカンフットボールに対して日大フェニックスの貢献は計り知れないと思っています。また、今回の問題でこれまでにない世間の注目が、アメリカンフットボールに集まっています。ピンチはチャンスです!

もしも外部の監督・コーチがしっかりとチームを再建して、来年の甲子園ボウルで関学と日大が正々堂々と対決するようなことになれば、アメフトの楽しさやスポーツの素晴らしさを多くの方に知ってもらう絶好の機会になるのではないでしょうか?その時には今回のDLと怪我から復活したQBの真剣勝負見てみたいです!

選ばれた監督、コーチには相当な重圧もかかると思いますし、大学との調整なども大変だと思いますが、アメフトの未来のために頑張ってもらいたいです。

今こそ日本のアメフト界の底力を見せる時ではないでしょうか?

 

 

レフ板買ってみました

先日のブログでプロフィール写真を撮影したことを報告しましたが、その際にフォトグラファーのkatomiさんに商品撮影についても教わりました。

丸上には、ほとんど使っていなかったストロボがありますので、これにレフ板を使うと自然に影を減らすことができるそうです。思い立ったら即実行という訳で、早速Amazonでレフ板を買ってみました。

白い面と銀の面がありますが、商品撮影では白い面を多く使うそうです。またたたむとコンパクトになるので収納も便利そうです。

今度実際に撮影をしてみて、出来栄えをブログで紹介したいと思います。

 

新入社員室野さんがテレビに出ました

昨日の午前中に日本テレビ系列で放送された「誰だって波乱爆笑」で今年の新入社員の室野さんがアップで登場しました!

放送されたのは、お笑い芸人サバンナ高橋さんのイチオシ中華料理店宝来の紹介のところです。先日たまたまお客様と食事に行ったところで撮影されました。

やっぱり若さと食べっぷりで放送されたのだと思います。

美味しそうに餃子を食べる室野さんです。

ちなみに僕らも一瞬だけ放送されました。端っこですが。。

ここの餃子は宇宙一美味しいと言われていて、芸能人の方もよくいらっしゃるそうです。ご興味のある方は案内しますよ!

丸上通信6月号できました

今月も丸上通信ができました。今回は話題のバーチャルフィッティングの活用方法を書いてみました。バーチャルフィッティングのフライヤーも同封いたしますので、是非ご覧ください!

そして来月はいよいよ丸上名物の半期決算市です。今年もしっかり見切った商品を販売しますよ!ご期待ください!

18歳成人22年4月から

以前から着物業界でも問題視されてきました、18歳成人の改正民法が昨日参議院で成立して、2022年4月1日から施行されることが決まりました。今後の成人式のあり方をよく見ていく必要があります。

業界として最初に取るべき行動は、2022年(平成34年)1月の成人式まではこれまで通り開催されることが決まったことを認知することです。この法案の成立により、現在の振袖対象者からすると自分たちの成人式はどうなるのかという不安が生まれますので、ちゃんと開催される旨を説明することが大切です。

そして平成35年の成人式からはどのような形で開催されるのかは、現時点では未定です。今後の働きかけについては業界視点からよりも、エンドユーザー視点や成人式を開催する地方自治体の立場を考え提案することに重点をおく必要があると思います。

例えば、エンドユーザー視点で言えば、高校生活の延長線上の18歳時点での成人式に参加したいのか、それとも同窓会的な意味合いもある20歳での式典を望むのか。飲酒は20歳維持ですので、そのような式典でお酒があったほうがいいのか、ないほうがいいのか。

また、成人式は1946年の蕨市が起源とされているので、70年以上続く日本の通過儀礼です。1946年に20歳だった方はすでに90歳を超えていますので、成人対象者の親は全員20歳での成人式を経験しています。僕にも子供がいますが、やっぱりハタチは日本人の親からすると子育ての一つの節目であることは間違いないと思います。このような長く続く日本の文化についての考え方についても考察の必要があります。

また、成人式を運営する地方自治体の方の立場からすると、18歳で成人式を行っても受験と重なり参加者が激減するリスクがあります。またその式典の後の飲酒のトラブルの危険もあります。

何より18歳に成人式を移動させた場合、本当に3年分の式典をまとめて開催できるかという問題もあります。

確かに新聞を見ると18歳で契約が成立するようになるので、教育として18歳成人の意味を教える事は大切ですが、それは式典ではなく高校などでの授業でしっかり教えたほうが効果的だと思います。

いずれにしても過度に反応しすぎずに、一度冷静にエンドユーザーの考えや、様々なリスクを検証して、あるべき姿を導き出すのがいいかと思います。

プロフィール写真撮影しました!

昨日はいつもお世話になっているフォトグラファーkatomiさんにお越しいただき、プロフィール写真を撮影してもらいました。

初めてのモデル体験で、少し恥ずかしかったけど、楽しかったです。

それと写真の事をいろいろ教えていただきましたが、プロの知識と技術の深さはスゴイですね!カメラにさわるとこからはじめたいと思います。

今から写真の完成が楽しみです!好感度アップを狙います!

〈見附の着物〉加賀友禅訪問着

今日のブログは見附の着物を紹介します。本加賀友禅の訪問着です。
赤地暁先生の”薫苑”という作品です。いかにも加賀らしい色使いですね。

〈加賀友禅について〉
加賀友禅は、国指定伝統的工芸品で、江戸時代中期に加賀藩にて栄えた加賀御国染を基に京友禅の創始者といわれる、絵師宮崎友禅斎が加賀御国染に大胆な意匠を持ち込み、確立した染色技法と、その作品をいいます。

加賀五彩(藍、臙脂、草、黄土、古代紫)と呼ばれる艶麗な色彩で知られ、特に紅色、紫、緑系統の色を多用しています。
また、金箔や刺繍などの装飾は一切使わず、細やかな絵柄と深みのある色使いで表現されています。

京友禅が内側から外に向かってぼかしているのに対し、加賀友禅は外側から内側に向かってぼかすという特徴があります。

バーチャルフィッティング展示中です

日本橋丸上では、本日から中間の売出、”あじさい市”を開催しております。本日から今月中は、本館5階で話題のバーチャルフィッティング装置展示中です!

京都売出で初めてお披露目いたしましたが、かなり興味を持っていただいています。和装業界の働き方改革のお手伝いをする、バーチャルフィッティングも是非ご覧ください。簡単なフライヤーも作成しました。